編集委員
フォローする

6%割れ寸前の中国景気 頼みは財政出動か[有料会員限定]

中国が大規模な財政出動に踏み切る可能性は――。中国政府は18日に7~9月期の国内総生産(GDP)成長率を発表するが、一段の…続き

10月16日

北朝鮮の金正恩委員長=ロイター
ロイター

北朝鮮、攻撃多様化へ着々 SLBMの性能向上[有料会員限定]

北朝鮮が10月2日、日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を実施した。実戦配備にはなお時間を要するとみられる…続き

ゼレンスキー大統領に逆風が吹き始めた(10月10日、キエフでの記者会見)=ロイター
撮影者:GLEB GARANICH
撮影日:2019/10/10

ウクライナの夜明けは遠いか 大統領に逆風[有料会員限定]

ハネムーンは終わりを告げた。5月20日に就任し、7月の議会選でも圧勝したゼレンスキー・ウクライナ大統領にとって初めて感じる…続き

10月15日

星条旗を掲げて米議会に「香港人権・民主主義法案」の可決を促す大集会(14日夜、香港セントラル)=ロイター
ロイター

習主席が予言した手ごわい香港「人民戦争」[有料会員限定]

中国国家主席の習近平(シー・ジンピン)には先見の明があった。今年初め、共産党幹部らに対して危険性を指摘した「黒い白鳥」「灰…続き

米朝協議「決裂」の舞台裏 最高指導者にも焦りの色[有料会員限定]

8時間半に及ぶ10月5日の非核化をめぐる米朝実務者協議を終え、北朝鮮側は「決裂した」と表明した。一方、ちゃぶ台返しもしなか…続き

祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」[有料会員限定]

日本取引所グループ(JPX)が、株価指数先物などデリバティブ(金融派生商品)の祝日取引を開始する検討に入った。海外市場との…続き

10月14日

ストックホルムのコンサートホールで開かれたノーベル賞授賞式(2018年10月)=共同
共同

ノーベル経済学賞選考は妥当か ある有力候補の悲劇[有料会員限定]

2019年のノーベル経済学賞はアビジット・バナジー氏、エステール・デュフロ氏、マイケル・クレマー氏に決まった。過去の受賞者…続き

ふるさと納税、法廷へ 総務省に勝ち目はあるか[有料会員限定]

ふるさと納税の規制をめぐる総務省と大阪府泉佐野市の対立は司法の場で決着を図ることになった。双方の主張を審理した第三者機関の…続き

「現役」に迫る保険料30% 都合よい財布やめよ[有料会員限定]

清濁併せ呑(の)むタイプという人物評を聞くことが少なくなったように思う。
下村健(たけし)。通称シモケン。2006年に75…続き

日銀は海外経済のリスクへの警戒を強めている(写真は日銀本店)

0.27%下落でも出動 日銀、ETF買い積極化の裏[有料会員限定]

「わずか0.2%台の下落でも日銀は動くのか」――。10月に入り、日銀が上場投資信託(ETF)購入に再び積極的になった印象を…続き

10月12日

90秒でみる今週の海外ニュース ブレグジット節目に[映像あり]

今週の海外ニュースの注目点を国際部の高橋香織デスクが解説します。
17~18日に欧州連合(EU)はブリュッセルで首脳会議を開き…続き

苦心の日米貿易協定、防波堤になったTPP[有料会員限定]

米政府にはしごを外されても結んだTPPが、次の対米交渉で有効なカードになった――。日米両政府が10月7日に署名した新たな貿易…続き

Jim O'Neill 米ゴールドマン・サックスのグローバル経済調査部長だった2001年、中国などの頭文字から成る造語「BRICs」を提唱。英財務省政務次官などを経て、18年現職。

中国の経済成長 米国にもプラス ジム・オニール氏[有料会員限定]

私が会長を務める研究所で最近、経済と安全保障の面から世界の現状を考える会議が開かれた。米国と中国の経済モデルと、両国の対立…続き

10月11日

ロシア、選挙介入の影再び 米揺さぶるウクライナ疑惑[有料会員限定]

「ウクライナ疑惑」に米国が揺れている。9日までにトランプ大統領側近の協力者が逮捕された。2020年大統領選での民主党の有力…続き

ニッケルはステンレス鋼やリチウムイオン電池に使われる

ニッケルだけがなぜ高い? 電池市場に死角[有料会員限定]

吉野彰・旭化成名誉フェローにノーベル賞をもたらしたリチウムイオン電池は、電気自動車(EV)の普及などで急速に需要が増えてい…続き

10月10日

2020年度から解体される世田谷区役所の庁舎。新庁舎は26年度に完成予定

世田谷区「100万人」が映すもの[有料会員限定]

東京23区の区役所は交通の便がいまひとつのところが珍しくない。世田谷区役所も市電タイプの東急世田谷線・世田谷駅から数分歩く…続き

左から田中耕一・島津製作所シニアフェロー、吉野彰・旭化成名誉フェロー、中村修二・米カリフォルニア大教授

動くか463兆円 ノーベル賞、企業に迫る研究投資[有料会員限定]

吉野彰・旭化成名誉フェローのノーベル賞受賞は、企業の研究者としては2002年に化学賞を受けた島津製作所の田中耕一シニアフェ…続き

日産・ルノー、脱ゴーン色急ぐ 再編にらみ思惑一致[有料会員限定]

2018年11月のカルロス・ゴーン被告の逮捕からもうすぐ1年。混迷が続く日産自動車がようやく再スタートのラインにつく。同社…続き

10月9日

「国土縮小計画」の覚悟を 2050年へ新たな国造り[有料会員限定]

兵庫県の淡路島から船で10分ほど。ハモ漁で知られる沼島(ぬしま)に渡ると、船着き場に戦後間もない島を空撮した写真がある。小…続き

10月8日

「70歳まで働こう」 年金増額は有効か?[有料会員限定]

余生という言い方がある。手元の辞書を引くと「引退して余生を田舎で楽しむ」という例文が出てくる。文字どおり現役を退いた後の気…続き

49件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

気候変動、デジタル通貨… 新たなリスクに揺れる...[有料会員限定]

2019/10/17付

近未来の組織とは(創論)[有料会員限定]

2019/10/10付

低金利の限界点(創論)[有料会員限定]

2019/10/3付

10/17 15:00更新 オピニオン 記事ランキング