2018年11月15日(木)

時論・創論・複眼
フォローする

「非自民受け皿」 野党再編あるか(創論) 山崎拓氏/仙谷由人氏[有料会員限定]

5日 2:30

野党第1党の民進党代表に前原誠司氏が就いた。小池百合子東京都知事の側近らが年内の新党結成も視野に動きを活発化させるなか、政…続き

「文明の平和共存」を求めて(時論) オルハン・パムク氏[有料会員限定]

29日 2:30

泥沼化したシリア内戦や「イスラム国」(IS)などの過激派勢力の台頭で、中東情勢は混乱を深めている。軍事介入した欧米諸国は、大規模な難民の流入やテロ攻撃による報復に直面し、一部にはイスラム教徒への偏見がはびこる。イスラム世界と西洋の「文明の衝突」に出口はあるのか。両文明の交差点であるトルコから、異文化間の摩擦や共存を題材に小説を書き続けてきた同国人初のノーベル文学賞作家、オルハン・パムク氏に聞いた。…続き

AIが人間を超える日(創論) 伊藤穣一氏/ロブ・ネイル氏[有料会員限定]

22日 2:30

人工知能(AI)や自動運転などの革新的な情報技術(IT)が私たちの生活を激変させようとしている。2045年にはコンピュータ…続き

休み方改革 ここから始動(複眼) 土佐谷政孝氏/佐藤博樹氏/フランツ・ヴァルデンベルガー氏[有料会員限定]

15日 2:30

お盆休みやゴールデンウイークの行楽地はどこも大混雑。時期をずらし、もっと多く休めばいいと理屈では分かっていても、なかなかできないのが今の日本だ。こんな現状を変えようと政府は休み方改革の旗を振り始めたが、そもそも何をどう「改革」すればよいのだろうか。休みと仕事のより良い関係とは。…続き

正念場の安倍内閣 何を期待(複眼) 小林喜光氏/谷口将紀氏/原田謙介氏[有料会員限定]

8日 2:30

結果本位の「仕事人内閣」――。安倍晋三首相は人心を一新した新内閣をこう名付けた。一連の人事を受けて内閣支持率は微増に転じたが、失われた国民の信頼は容易に取り戻せるものではない。正念場が続く安倍内閣に何を期待するか。…続き

日本は1万円札を廃止せよ(時論) ケネス・ロゴフ氏[有料会員限定]

1日 2:30

高額紙幣は廃止すべきだ――。マクロ経済学の第一人者、米ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授の主張が世界的な論争を巻き起こして…続き

IT業界 競争保てるか(複眼) アリエル・エズラチ氏/後藤晃氏/ルーサー・ロウ氏[有料会員限定]

25日 2:30

米アマゾン・ドット・コムやグーグル、アップルなどの強者がますます強くなるIT(情報技術)業界。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」のカギとなるデータも、加速度的に巨人の掌中へと集まる。寡占化が進むIT業界で競争環境を保つすべはあるのか。…続き

会計不祥事や原発事業でつまずいた東芝は「社会インフラ会社」として再生を目指す(記者会見する綱川社長)

日本の電機 復活なるか(創論) 中西宏明氏/平井一夫氏[有料会員限定]

11日 2:30

自動車と並びかつては日本経済のけん引役だった電機産業の弱体化が著しい。半導体などの主要市場で世界シェアを落とし、経営が傾く…続き

混迷深まる中東 どこへ(複眼) 池内恵氏/ピーター・ソールズベリー氏/アミル・モヘビアン氏/モハメド・カマル氏[有料会員限定]

4日 2:30

中東情勢が混迷を深めている。サウジアラビアとイランの盟主争いは、サウジ主導のカタールとの断交に発展。シリア内戦や過激派組織「イスラム国」(IS)掃討は、米国やロシア、トルコなど域外国の思惑も絡んで地域を複雑にしている。地政学上の要衝である中東はどこへ向かうのか。
…続き

「日の丸半導体」生き残る道は(複眼) 坂本幸雄氏/竹内健氏/若林秀樹氏[有料会員限定]

27日 2:30

経営危機に陥った東芝が、半導体メモリー事業の売却について、官民ファンドの産業革新機構が主導する日米韓連合と交渉を進めている。協業先の米ウエスタンデジタル(WD)による売却差し止め訴訟という不確定要素は残るが、「日の丸半導体」の最後のとりではどこへ向かうのか。…続き

偽ニュース どう戦う(複眼) サミュエル・ロラン氏/イェブヘン・フェドチェンコ氏/森本あんり氏[有料会員限定]

20日 2:30

事実と異なる情報を意図的に発信する「フェイク(偽)ニュース」。他者をおとしめたり、自分が利益を得るための嘘は、フェイスブックなどのソーシャルメディアを介して拡散し、時に国際情勢にまで影響を及ぼす。報道の自由や知る権利をゆがめる問題に、どう対処すればいいのか。
…続き

金融政策、「出口」は見えたか(創論) ジョン・テーラー氏/ジエイコブ・フレンケル氏[有料会員限定]

13日 2:30

金融政策の「出口」に市場の注目が集まり始めた。米欧日の中央銀行は金融危機後にとった超金融緩和や資産購入などの政策から、いつ、どのように脱却するのか。長年にわたり金融政策の提言をしてきたジョン・テーラー米スタンフォード大学教授と、ジェイコブ・フレンケル元イスラエル中央銀行総裁の2氏に聞いた。…続き

パリ協定 米離脱でどうなる(複眼) 松下和夫氏/有馬純氏/ピーター・デメノカル氏/エマニュエル・アッシュ氏[有料会員限定]

5日 23:06

200近い国・地域が参加し、地球温暖化対策の新しい国際ルールを定めるパリ協定から米国が離脱を表明した。今世紀後半に温暖化ガスの排出を実質ゼロにすることを目指す仕組みは、世界2位の二酸化炭素(CO2)排出国の離脱でどうなるのか。トランプ米大統領の判断がもたらすものは何か。…続き

「こども保険」構想 どう見る(複眼) 駒崎弘樹氏/甲田恵子氏/八代尚宏氏/隅修三氏[有料会員限定]

30日 2:30

「こども保険」をつくる動きが政府・自民党内に出てきた。働く人や企業から集めた保険料を財源に育児世帯への支援を厚くする。老後…続き

サイバー攻撃 どう防ぐ(複眼) スティーブ・パーサー氏/武田圭史氏/ビクラム・タクール氏[有料会員限定]

23日 2:30

「ランサム(身代金)ウエア」と呼ぶコンピューターウイルスを駆使した、過去最大規模のサイバー攻撃が世界を襲った。身の回りのあらゆるモノがネットにつながる「IoT」が普及に向かうなか、社会を機能不全に陥らせかねない大規模攻撃に、どう対処していけばいいのか。…続き

経営は日本的でも高収益 米3M、58年連続増配(時論) インゲ・チューリン会長兼CEO[有料会員限定]

16日 2:30

「右肩上がりの成長」はすべての企業の目標だが、実現できる企業は多くない。数少ない事例のひとつが2016年まで58年も続けて…続き

「マクロン仏大統領」展望は(複眼) ドミニク・モイジ氏/ヘンリック・ウテルウェッデ氏/ベルナール・デルマス氏[有料会員限定]

9日 2:30

7日投開票されたフランス大統領選は、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相が勝利した。親欧州連合(EU…続き

世界の混迷とエネルギー(創論) パトリック・プヤンネ氏/田中伸男氏[有料会員限定]

2日 2:30

シリアや北朝鮮で軍事的緊張が高まるなど地政学リスクが世界を覆う時代に、エネルギー・資源戦略はどうあるべきか。メジャー(国際…続き

北朝鮮は軍事パレードで弾道ミサイルの存在を誇示した(15日)=共同
共同

朝鮮半島 有事への備え(創論) 西村金一氏/道下徳成氏[有料会員限定]

25日 2:30

朝鮮半島情勢が緊迫の度合いを強めている。北朝鮮は弾道ミサイルの発射実験など挑発を繰り返し、6度目の核実験も準備しているとさ…続き

東電改革、何が必要か(複眼) 冨山和彦氏/橘川武郎氏/開沼博氏[有料会員限定]

18日 2:30

東京電力ホールディングスが原子力発電所の再稼働や事業再編を柱とする再建計画をまとめ、6月の株主総会後に経営体制を一新する。…続き

89件中 61 - 80件

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ

市場危機に備えはあるか[有料会員限定]

5日 2:01

米国、技術を「関所」で死守[有料会員限定]

29日 2:00

殺害疑惑 サウジの誤算[有料会員限定]

対ロシアビジネスの虚と実[有料会員限定]

2:00

バイオ、技術と市場の綱引き[有料会員限定]

8日 2:00

「当たり前」変え女性生かせ[有料会員限定]

1日 2:00

ポスト平成の会社像は(複眼)[有料会員限定]

2018/11/13付

イラン制裁が揺らす世界(複眼)[有料会員限定]

2018/11/6付

企業決算、四半期開示の是非(複眼)[有料会員限定]

2018/10/30付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報