2019年8月22日(木)

グローバルオピニオン
フォローする

Mohamed A. El―Erian 英オックスフォード大博士。米債券運用大手ピムコの最高経営責任者(CEO)を経て現職。著書「市場の変相」で金融危機を予測。61歳

米中、多国間で協調を モハメド・エラリアン氏[有料会員限定]

2019/8/22付

貿易などを巡り、米国と中国の間で緊張が続いている。多くのエコノミストが「金融システムの不安定化を伴う世界経済の悪化が目前に…続き

Ian Bremmer 世界の政治リスク分析に定評。著書に「スーパーパワー――Gゼロ時代のアメリカの選択」など。49歳。ツイッター@ianbremmer

外交関係変えた「米国第一」 イアン・ブレマー氏[有料会員限定]

2019/8/15付

米国のトランプ大統領が掲げる「米国第一主義」の外交政策は、単独主義的でディール(取引)を重視し、歴史をないがしろにしている…続き

Raghuram Rajan 13~16年、インド準備銀行(中銀)総裁。国際通貨基金(IMF)チーフエコノミスト時代の05年、3年後の米国発の金融危機に警鐘を鳴らした。16年現職

「中銀は万能」に終止符を ラグラム・ラジャン氏[有料会員限定]

2019/8/8付

中央銀行の独立性があらためて話題になっている。米国のトランプ大統領は、政策金利が高すぎるとして米連邦準備理事会(FRB)に…続き

Jose Antonio Ocampo 米エール大博士。南米コロンビア中央銀行の政策委員、国連経済社会理事会(ECOSOC)開発政策委員会の委員長も兼ねる。

IMF 改革に踏み切る好機 ホセ・アントニオ・オカンポ氏[有料会員限定]

2019/8/1付

米国東部のブレトン・ウッズに集まった第2次大戦の連合国が、戦後の国際経済の体制を決めてから、7月で75年となった。ブレトン…続き

Dani Rodrik トルコ生まれ。プリンストン大博士。著書にグローバル化、国家主権、民主主義が同時に成り立たないと主張する「グローバリゼーション・パラドクス」ほか。

何がポピュリズムを招いたか ダニ・ロドリック氏[有料会員限定]

2019/7/25付

ポピュリズム(大衆迎合主義)をもたらす原因は「文化」なのだろうか、「経済」だろうか。この問いかけは、現代のポピュリズムにつ…続き

Ian Bremmer 世界の政治リスク分析に定評。著書に「スーパーパワー――Gゼロ時代のアメリカの選択」など。49歳。ツイッター@ianbremmer

「デジタルTPP」創設を イアン・ブレマー氏[有料会員限定]

2019/7/18付

2016年秋の米大統領選では、共和党と民主党の候補がともに、世界の国内総生産(GDP)の40%程度を占める規模になるはずだ…続き

Ceyla Pazarbasioglu 米ジョージタウン大博士。蘭金融大手ABNアムロや国際通貨基金(IMF)を経て、15年世銀入行。18年から現職(公正な成長・金融・組織担当)。

経済苦境でも貧困層支援を ジェイラ・パザルバシオル氏[有料会員限定]

2019/7/11付

世界経済を巡る心理は悪化しつつある。6月上旬に福岡市で開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では「(米中貿…続き

Yannick Glemarec パリ大学で環境科学博士、水文学および経営学修士取得。国連開発計画などの幹部職を経て国連女性機関事務局次長。4月から現職。56歳

温暖化対策、負担を公平に ヤニック・グレマレック氏[有料会員限定]

2019/7/4付

気候変動の被害は、産業革命前と比べた地球平均気温の上昇に対して指数関数的に大きくなることが知られている。特に上昇幅が1度を…続き

Mohamed A. El-Erian 英オックスフォード大博士。米債券運用大手ピムコの最高経営責任者(CEO)を経て現職。著書「市場の変相」で金融危機を予測。60歳

米景気拡大 続けるには モハメド・エラリアン氏[有料会員限定]

2019/6/27付

米国の景気拡大は7月、戦後最長の11年目に突入したということが、今後数カ月にわたり発表されるデータにより示されるだろう。米…続き

Dani Rodrik トルコ生まれ。プリンストン大博士。専門は開発経済学と国際経済学、政治経済学。近著に「貿易戦争の政治経済学」。61歳

自国を窮乏化させる高関税 ダニ・ロドリック氏[有料会員限定]

2019/6/20付

トランプ米大統領は安全保障を理由に、既に鉄鋼に関税を上乗せし、自動車などに高関税を課すことをちらつかせている。(6月上旬に…続き

Ian Bremmer 世界の政治リスク分析に定評。著書に「スーパーパワー――Gゼロ時代のアメリカの選択」など。49歳。ツイッター@ianbremmer

市民の欲求、強権下でも不変 イアン・ブレマー氏[有料会員限定]

2019/6/13付

民主主義の終焉(しゅうえん)が間近に迫っていると、最近盛んにいわれる。中国の隆盛、トルコやブラジルといった民主主義国での強…続き

Carl Gershman 米ハーバード大修士。米国連大使上級顧問などを歴任。米国の予算で世界の民主化を支援する全米民主主義基金(NED)会長を1984年から務める。75歳

民主主義再生へ 教育・啓発を カール・ガーシュマン氏[有料会員限定]

2019/6/6付

自由な民主主義が危機にひんしている。米国ではグローバル化の加速や経済格差の拡大、移民の増加、SNS(交流サイト)の普及など…続き

Chun Yungwoo 外務官僚出身。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表や駐英大使、外交通商第2次官などを歴任。現在は朝鮮半島未来フォーラム理事長。67歳。=PENTA PRESS
PENTA PRESS

米朝、非核化の全体像を 千英宇氏[有料会員限定]

2019/5/30付

2月末にハノイで開いた米朝首脳会談は、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が北朝鮮に有利に導こうと欲張りすぎて決裂になったが、…続き

地政学、再生エネが変える アドナン・アミン氏[有料会員限定]

2019/5/23付

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、2050年までに世界の電源構成の85%を再生可能エネルギーで賄う必要があるとみ…続き

インド国民ID 弱点に目を イアン・ブレマー氏[有料会員限定]

2019/5/16付

いま世界の人々を結束させるものが一つあるとすれば、エスタブリッシュメント(支配層)の政治家に対する怒りだろう。最近10年程…続き

気候変動対策へ行動急げ ポール・ポールマン氏[有料会員限定]

2019/5/9付

気候変動にどのように対応するかは、人類の発展の行方を左右する。気候変動の影響は、貧困な層ほど強く受ける。中南米で多くの人た…続き

欧米、「日本化の罠」どう回避 モハメド・エラリアン氏[有料会員限定]

2019/5/2付

何年か前までは、欧米の「ジャパニフィケーション(日本化)」などあり得ない、というのが米国の主なエコノミストの間では常識だっ…続き

米中、「貿易冷戦」の局面へ ベンジャミン・セルフ氏[有料会員限定]

2019/4/25付

米国と中国が貿易戦争の打開に向け、閣僚級の通商交渉を続けている。トランプ大統領と習近平(シー・ジンピン)国家主席の首脳会談…続き

EU分裂の芽 あちこちに イアン・ブレマー氏[有料会員限定]

2019/4/18付

英国の欧州連合(EU)離脱を巡るやり取りばかりに注目が集まっているため、欧州が長期的に直面する難しい問題は、見過ごされてし…続き

最速で普及する再生エネ デブ・サニヤル氏[有料会員限定]

2019/4/11付

風力や太陽光などの再生可能エネルギーが、世界のエネルギー利用に占める比率は現在、3~4%だが、今後20年で15%程度に高ま…続き

128件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

異才育てた「未踏」の20年[有料会員限定]

21日 2:00

一帯一路にのまれるロシア[有料会員限定]

14日 2:00

金復権は通貨への警鐘か[有料会員限定]

7日 2:00

アフリカ、成長の条件は(複眼)[有料会員限定]

2019/8/22付

日韓対立 解消の処方箋(創論)[有料会員限定]

2019/8/15付

有志連合 日本の選択(創論)[有料会員限定]

2019/8/8付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。