2018年11月15日(木)

本社コメンテーター
フォローする

8月31日

ロイター

「紅化」に抗う東南アの本能   本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

東南アジアの国々で、中国主導の秩序に抗(あらが)おうとするような動きが出ている。
軍政下にあるタイの首都、バンコク。8月2…続き

8月29日

RPAのシステムの動作確認をするシフトの担当者(松山市)

ロボが現れた職場の行方  本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

第一生命保険で、「ロボットトレーナー」とでも呼ぶべき職種が生まれている。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)…続き

8月24日

マイケル・ミルケン氏(左)と孫正義氏
AP

「くず債」避ける日本の弱さ  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

「100年に1度の衝撃」とまでいわれた2008年9月のリーマン危機から、来月で10年を迎える。後世の歴史家はこの激動期をど…続き

8月17日

GMのメアリー・バーラCEO=AP
AP

「移動革命」 先陣切るGM 本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

「利益とキャッシュフローと技術革新。この3つを重視した」。10年ぶりに会った米ゼネラル・モーターズ(GM)の元副会長、ステ…続き

8月15日

ロイター
ロイター

「通商」の衣着た覇権争い  本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

米国と中国の貿易戦争が現実味を帯びてきた。トランプ米大統領の言動は、もはや脅しの域を越えている。本当に「開戦」するつもりだ…続き

8月10日

AP

デル再上場と退屈な会社  本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

「私なら会社をたたんで株主にお金を返す」。1997年、経営危機に陥っていた米アップルについて問われ、米パソコン大手デルの創…続き

8月8日

ロイター

大統領の「嘘」と中間選挙   本社コメンテーター 菅野幹雄[有料会員限定]

オレンジ色の作業着をまとう労働者の歓声がトランプ米大統領を包みこむ。生産ラインを増設し、工員の再雇用が始まったイリノイ州グ…続き

8月3日

討論するサムライインキュベートの榊原健太郎代表(右)とJR東日本スタートアップの柴田裕社長(中)(7月30日、東京・大手町)

オープンイノベーション 成功したいなら社内巻き込め

オープンイノベーションの旗を掲げ、スタートアップとの協業をめざす大企業が日本でも増えてきた。かけ声だけでは仕方がない。成果…続き

Goldman Sachs Chairman and CEO Lloyd Blankfein gestures during his testimony before the Senate Homeland Security and Governmental Affairs Investigations Subcommittee hearing on
REUTERS

ゴールドマンの資本主義  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

米投資銀行、ゴールドマン・サックスの最高経営責任者(CEO)、ロイド・ブランクファイン氏が9月末に退任する。2006年の就…続き

7月27日

日立製作所

企業に迫る「技術の地政学」  本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

日本企業や経団連が米ワシントンでロビー活動のための駐在員をにわかに増やしている。米中対立をきっかけに、経済摩擦が多方面に広…続き

7月25日

日本にも貿易赤字の縮小を迫るトランプ米大統領

同盟不況がやってきた  本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

同盟を軽視するトランプ米大統領の言動が、欧州やアジアに不安を広げている。だが、彼の振る舞いを批判するだけでは、問題の本質は…続き

7月20日

グルーヴノーツの「テックパーク」

革新の都市対抗戦と福岡  本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

米国の起業家イーロン・マスク氏が引っ張りだこだ。
米シカゴ市は6月、高速交通システムの建設・運営業者に同氏創業の会社を選ん…続き

7月18日

東証アローズ

日本株、浮かぶ3つの異質  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

日本の株式相場が米中貿易戦争に振り回されている。市場心理の動揺で浮かんだのは、昨年までの適温相場では注目を集めなかった「日…続き

7月11日

ジョンソン・エンド・ジョンソンのロゴ(東京都千代田区)

J&Jの「折れない経営」  本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

「米鉄鋼業の労働者はマニキュリストより少ない」。元米財務長官のローレンス・サマーズ・ハーバード大教授が最近、英フィナンシャ…続き

7月6日

China's President Xi Jinping and Russia's President Vladimir Putin shake hands during Shanghai Cooperation Organization (SCO) summit in Qingdao, Shandong Province, China June 10, 2018. REUTERS/Aly Song
ロイター

中ロの枢軸に急所あり  本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

戦前、英米が牛耳っていた世界に不満を募らせ、対抗しようとしたのが日本とドイツ、イタリアだった。3カ国は枢軸を組み、当時の秩…続き

7月4日

ソニーと大衆 20年の距離  本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

ありがとう。気分がいい。敬意を表する……。1998年3月期以来、20年ぶりに営業利益が過去最高になったソニー。6月の株主総…続き

6月29日

27日の記者会見でも、メルケル氏(左)とトランプ氏の間にはギクシャクした空気が(ワシントン)=AP
AP

米欧の断裂 「最悪」への覚悟  本社コメンテーター 菅野幹雄[有料会員限定]

米欧関係の危機をここまで率直に記した文書は見たことがない。
「最悪のシナリオに備えなければならない」。欧州連合(EU)首脳…続き

6月27日

8日、ジャカルタの鉄道工事現場で倒れたクレーン(柏原敬樹撮影)

リーマン10年、残る危機  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

世界はようやく、2008年のリーマン・ショックを克服しつつある。だが、成長の持続に向けてやり残した課題はないのか。
6月は…続き

6月20日

百度の実験車両

車を変える「次の深圳」  本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

300を超す提案が現在あるという。中国政府が昨年、新経済特区の建設を表明して注目される「雄安」の都市計画だ。
「次の深圳」…続き

6月15日

 会談の冒頭で握手を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP=共同)
AP

トランプ外交は使いよう  本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

過去の常識では考えられないほど独善的なトランプ米大統領の外交が、相変わらず、世界に乱気流を起こしている。
6月8~9日の主…続き

180件中 21 - 40件

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

市場危機に備えはあるか[有料会員限定]

5日 2:01

米国、技術を「関所」で死守[有料会員限定]

29日 2:00

殺害疑惑 サウジの誤算[有料会員限定]

対ロシアビジネスの虚と実[有料会員限定]

2:00

バイオ、技術と市場の綱引き[有料会員限定]

8日 2:00

「当たり前」変え女性生かせ[有料会員限定]

1日 2:00

ポスト平成の会社像は(複眼)[有料会員限定]

2018/11/13付

イラン制裁が揺らす世界(複眼)[有料会員限定]

2018/11/6付

企業決算、四半期開示の是非(複眼)[有料会員限定]

2018/10/30付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報