2018年11月19日(月)

本社コメンテーター
フォローする

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

村山 恵一

本社コメンテーター

IT・スタートアップ

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

本社コメンテーターは独自の見識を世に問う大型コラム「Deep Insight」を執筆する日経の看板ライターです。豊富な取材経験をいかしてニュースを深く読み解くとともに、次の展開を見据えた視角や気づきを読者に提供しています。

11月16日

米豪分断に動く中国 南太平洋は「関ケ原」[有料会員限定]

美しい群島が広がり、海の楽園として知られる南太平洋。国際政治とさほど縁がなさそうなこの地に11月17~18日、アジアや米ロ…続き

11月14日

長きにわたり孫正義氏をひとり突出させてきた日本ITの停滞を、産業界全体が直視しなくてはならない

孫正義氏の突出、日本の停滞映す [有料会員限定]

5日のソフトバンクグループ決算説明会。孫正義社長はサウジアラビアの記者殺害事件に遺憾の意を示しつつ、サウジをパートナーとす…続き

11月9日

1987年7月、米議会前で東芝製ラジカセをハンマーでたたき壊す米議員ら=AP
AP

米国がおびえる2つの「転換」[有料会員限定]

アジア市場の視線がこれほど米中間選挙に集まるのは初めてだった。中国経済への依存を高めた各国は、米国の圧力による中国経済悪化…続き

11月8日

米国の分断、一段と トランプ主義が招く内向き志向[有料会員限定]

トランプ米大統領に対する最初の審判となった中間選挙は、下院で野党の民主党、上院で与党の共和党がそれぞれ多数を握る「ねじれ議…続き

11月7日

トランプ政権の経済政策や不法移民対策に審判が下る中間選挙だけに、国民の関心は高かった=ロイター
ロイター

敗者不在の中間選挙 トランプ流に米の迷い[有料会員限定]

「新しい民主党の優位だ」と宣言する野党・民主党のペロシ下院院内総務と、「大成功だ」と指先で自賛するトランプ大統領。4年ぶり…続き

11月2日

日本企業を試す「新冷戦」[有料会員限定]

▼ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がサウジアラビアでの国際投資会議出席を見送った。
▼アリババ集団の馬雲(ジャック・…続き

10月31日

ロイター
ロイター

米中「冷戦」をどう生きるか   本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

長年にわたり、日本外交にとって最大のリスクは米中が頭越しに手を握り、自分が外されてしまうことだった。
1971年、ニクソン…続き

10月30日

新モビリティー産業の胎動 人が動けば経済も動く[有料会員限定]

「CASE」「MaaS」「ライドシェア」。変革期を迎えた自動車産業では新語が次々と生まれている。デジタル化の先に待つのは車…続き

10月26日

ITスターの消えた世界   本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏が世を去ったのは7年前の10月だった。若いころから話題の絶えない起業家で、晩年はi…続き

10月24日

19日、米アリゾナ州で演説するトランプ大統領
AP

分断を「養分」に 大統領の底力  本社コメンテーター 菅野幹雄[有料会員限定]

米国は4年に及ぶ大統領任期の半分で議会の顔ぶれを選び直す。11月6日の中間選挙は有権者の声を頃合いよく権力のチェック・アン…続き

10月19日

米国株の急落を伝えるニューヨーク証券取引所の株価ボード=ロイター
ロイター

米中衝突、市場が暴く誤算  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

英調査会社コンティニューム・エコノミクスのアジア担当ヘッド、ジェフ・ウン氏は今週、先のバリ島での20カ国・地域(G20)財…続き

10月12日

自動車の次世代技術での提携を発表したトヨタ自動車の豊田章男社長(中央右)とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(同左)ら=共同
共同

右脳いかす「デザイン経営」  本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

ホンダとゼネラル・モーターズ(GM)、トヨタ自動車とソフトバンクグループが提携するなど、技術革新の波を実感させる業界再編が…続き

10月10日

朝鮮中央通信撮影・共同
共同

南北共演、極まる核危機   本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

北朝鮮の金正恩委員長は7日、訪朝したポンペオ米国務長官に、非核化の道筋を話し合う実務協議に応じると約束した。一見すると、対…続き

10月5日

データで探る職の最適解   本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

経団連の中西宏明会長が「日程を采配することに違和感がある」と発言したのをきっかけに、就職活動ルールの見直しが政府や大学を巻…続き

10月3日

東証

周回遅れのバブル後高値  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

日経平均株価が27年ぶりにバブル崩壊後の最高値を更新した。ところが日本経済が歴史的な停滞を脱し、再び世界のけん引役にのしあ…続き

9月26日

中国の習近平国家主席(左)と、トランプ米大統領(AP)
AP

「社会実装」という技術革新  本社コメンテーター 中山淳史[有料会員限定]

北京に隣接し、自動運転車を交通の中心に据えて設計された中国の新経済特区「雄安新区」。以前当欄でも紹介したが、町の開発はその…続き

9月21日

AP

無視できない豪州の警告  本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

日本政府内でいま、極めて敏感な案件として、極秘裏に議論されている問題がある。安全保障上の理由から、米国の政府機関などが使用…続き

9月19日

スマホ財布は信頼の礎か   本社コメンテーター 村山恵一[有料会員限定]

今月5日、中国アリババ集団系のアントフィナンシャルサービスグループが手がけるスマートフォン(スマホ)決済「アリペイ」の大型…続き

9月14日

トランプ大統領は中間選挙をにらみ、支持層に実績を誇示する(6日、米モンタナ州)=ロイター
ロイター

次の10年 「米国第一」の果て  本社コメンテーター 菅野幹雄[有料会員限定]

自由と民主主義のお手本といわれる米国が、一段と異様な姿をみせている。米紙ニューヨーク・タイムズに載った「ホワイトハウス高官…続き

9月12日

1997年当時のダウ平均では最大の下落幅(554ドル安)を知らせるニューヨークの電光掲示板=ロイター

危機の足音 色あせる教訓  本社コメンテーター 梶原誠[有料会員限定]

投資マネーが新興国を翻弄している。各国は、グローバル市場を舞台に生き残り競争にさらされているかのようだ。
新興国を巡るマネ…続き

181件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

大戦100年、欧州の復元力は[有料会員限定]

2:00

市場危機に備えはあるか[有料会員限定]

5日 2:01

米国、技術を「関所」で死守[有料会員限定]

29日 2:00

対ロシアビジネスの虚と実[有料会員限定]

15日 2:00

バイオ、技術と市場の綱引き[有料会員限定]

8日 2:00

「当たり前」変え女性生かせ[有料会員限定]

1日 2:00

ポスト平成の会社像は(複眼)[有料会員限定]

2018/11/13付

イラン制裁が揺らす世界(複眼)[有料会員限定]

2018/11/6付

企業決算、四半期開示の是非(複眼)[有料会員限定]

2018/10/30付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報