2019年8月23日(金)

Asiaを読む
フォローする

8月17日

James Crabtree 英フィナンシャル・タイムズのムンバイ支局長などを経て、現職。英王立国際問題研究所の非常勤フェローも務める。

インドの成長 水不足が阻む ジェームズ・クラブツリー氏[有料会員限定]

6:00

インド南部チェンナイはスマートフォンなどの生産拠点として、製造業の中心都市の座を確実にするはずだった。だが最近、芳しくない…続き

8月10日

Michael Breen 英ガーディアン紙の記者などを経て、韓国市場に関するPR会社を創業、最高経営責任者(CEO)を務める。韓国在住経験は30年以上。著書に「The new Koreans」など。

韓国大統領より国民の変化期待 マイケル・ブリーン氏[有料会員限定]

6:00

日本政府は7月、半導体材料の韓国向け輸出管理を厳格化した。8月に入り、輸出管理を簡略化する優遇対象国のリストから韓国を除外…続き

8月3日

Kimkong Heng カンボジア協力・平和研究所(CICP)に属し、研究活動に携わる。オーストラリア・クイーンズランド大博士課程にも籍を置く。

カンボジア変貌 東南アへの警鐘 キムコン・ヘン氏[有料会員限定]

6:00

カンボジアは最近、中国資本が流入し、中国人観光客が押し寄せるようになった。中国の投資は、カンボジアの独裁的な統治を容易にす…続き

7月27日

Peter Engelke 米ジョージタウン大博士。ジュネーブ安全保障政策センターなどを経て現職。

ヒマラヤの水 「評議会」で保護を ピーター・エンゲルク氏 デビッド・マイケル氏[有料会員限定]

6:00

登山者がエベレスト登頂のため、長蛇の列をつくっている最近の光景は、多くの人の懸念を呼び起こした。世界最高峰が、観光客相手の…続き

7月20日

ミンシン・ペイ 米クレアモント・マッケナ大学教授
Minxin Pei is a professor of government at Claremont McKenna College

選択余地乏しい中国の習主席 ミンシン・ペイ氏[有料会員限定]

6:00

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は苦境に立たされている。6月末の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で米中貿…続き

7月13日

Stephen Grenville オーストラリア国立大博士。元オーストラリア準備銀行副総裁。経済協力開発機構(OECD)や国際通貨基金(IMF)での勤務経験もある。専門は国際金融など。

通貨「リブラ」、新興国にリスク スティーブン・グレンビル氏[有料会員限定]

6:00

米フェイスブック(FB)が、「リブラ」と呼ぶデジタル通貨を使った金融サービスを2020年前半に始めるとの発表は、懐疑的な見…続き

7月6日

Kevin Rudd 07~10年、13年にオーストラリア首相。外交官出身で、外相経験も持つ。流ちょうな中国語を話し、中国通として知られる。15年現職。

米中の貿易戦争 分断、どこまで ケビン・ラッド氏[有料会員限定]

6:00

米中貿易戦争を理解するのは容易でない。世界経済が連動しなくなる「デカップリング」をどのように引き起こし、米中両国の長期の戦…続き

6月29日

Vivek Pathak ムンバイ大修士(経営学)。世界銀行グループで民間向けに投融資する国際金融公社(IFC)で中東や北アフリカ、中央アジアを担当した後、14年から現職。

3Dの技術活用 アジアは注力を ビベク・パタク氏[有料会員限定]

6:00

店に入り、体をスキャンして採寸し、自分だけの服を着て外に出る。3次元(3D)プリンティングの技術が進化すれば、絵空事ではな…続き

6月22日

Shankaran Nambiar マレーシア経済研究所(MIER)に属し、マレーシアの財務省や貿易産業省などのコンサルタントを務める。研究分野は貿易政策や産業育成、貧困など。

中国との絆重視 マレーシア転換 シャンカラン・ナンビア氏[有料会員限定]

6:00

マレーシアのマハティール首相が2018年5月に就任した当時、中国と距離を置くのは明白に思われた。しかし就任から1年を経て、…続き

6月15日

James Steinberg 1996年から米クリントン政権で国家安全保障担当の大統領副補佐官、2009年から11年までオバマ政権で国務副長官。現在はシラキュース大教授。

日本の対米外交、おもてなし限界 ジェームズ・スタインバーグ氏 [有料会員限定]

6:00

トランプ米大統領の5月の来日は、安倍晋三首相が強固な日米関係を維持しようと展開してきた戦略のひとつの頂点だった。安倍氏は2…続き

6月8日

Keith Richburg 英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)修士。米ワシントン・ポスト紙で北京やマニラなどの特派員を歴任。ハーバード大フェローなどを経て、現職。

米大統領選後も保護主義は不変 キース・リッチバーグ氏[有料会員限定]

2020年の米大統領選に出馬する野党・民主党の候補と支持者にとって、トランプ大統領を破り、米国がトランプ氏以前の感覚を取り…続き

6月1日

James Stavridis 元米海軍大将。2009~13年北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍最高司令官。米タフツ大フレッチャー法律外交大学院長を経て、カーライル・グループ所属。

南シナ海の衝突 米中で偶発回避 ジェームズ・スタブリディス氏[有料会員限定]

6:00

中国が南シナ海に進出している。2013年、南沙(英名スプラトリー)諸島のジョンソン礁で建造物が確認されたが、合わせて7つの…続き

5月25日

G20失地回復へ 重要議題実行を ジム・オニール氏[有料会員限定]

6:00

私は2008年の金融危機などを踏まえ、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が、世界の経済や社会を代表する枠組みとし…続き

5月18日

中国の一帯一路 多国間の協力で アンドリーア・ブリンザ氏[有料会員限定]

6:00

中国の広域経済圏構想「一帯一路」は特に最近1年間、厳しい批判にさらされてきた。マレーシアやモルディブの選挙などを通じ、関係…続き

5月11日

技術の「冷戦」 米中、分断回避を ジェームズ・スタインバーグ氏[有料会員限定]

6:00

米国と中国の間で「新冷戦」が本格的に始まるのではないかとの不安が高まる中、米中の政治家やアナリストは、両国の関係について暗…続き

5月4日

北朝鮮にリスク 進まない核放棄 ロバート・マニング氏[有料会員限定]

6:00

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が核を放棄する、魔法のインセンティブ(誘因)は何だろうか。いままでの米朝首脳会談な…続き

4月27日

インドネシア 国民統合の試練 マイケル・バティキオティス氏[有料会員限定]

6:00

インドネシアの大統領選挙で、ジョコ・ウィドド大統領が再選を確実にした。ジョコ氏には現職の強みがあり、経済政策でじゅうぶんな…続き

4月20日

宇宙戦争の危険 アジアで現実味 ブラーマ・チェラニー氏[有料会員限定]

6:00

中国は2007年、ミサイルを使った人工衛星の撃墜実験を実施した。宇宙の軍事化の懸念を呼び起こすとともに、国際的な批判にさら…続き

4月13日

中国包囲の立場 関係国は明確に ケビン・ラッド氏[有料会員限定]

6:00

中国の台頭への対応を巡り、アジア太平洋地域の米国の同盟・友好国は議論を繰り広げてきた。安倍晋三首相は2007年、民主主義国…続き

4月6日

人口減少の日本、生産性追求を ジム・オニール氏[有料会員限定]

2:00

日本経済の将来について、暗い見通しが出ている。少子高齢化の加速が予想されるうえ、生産性が低迷しているためだ。
長期的な経済…続き

異才育てた「未踏」の20年[有料会員限定]

21日 2:00

一帯一路にのまれるロシア[有料会員限定]

14日 2:00

金復権は通貨への警鐘か[有料会員限定]

7日 2:00

アフリカ、成長の条件は(複眼)[有料会員限定]

2019/8/22付

日韓対立 解消の処方箋(創論)[有料会員限定]

2019/8/15付

有志連合 日本の選択(創論)[有料会員限定]

2019/8/8付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。