2019年6月26日(水)

Asiaを読む
フォローする

6月22日

Shankaran Nambiar マレーシア経済研究所(MIER)に属し、マレーシアの財務省や貿易産業省などのコンサルタントを務める。研究分野は貿易政策や産業育成、貧困など。

中国との絆重視 マレーシア転換 シャンカラン・ナンビア氏[有料会員限定]

6:00

マレーシアのマハティール首相が2018年5月に就任した当時、中国と距離を置くのは明白に思われた。しかし就任から1年を経て、…続き

6月15日

James Steinberg 1996年から米クリントン政権で国家安全保障担当の大統領副補佐官、2009年から11年までオバマ政権で国務副長官。現在はシラキュース大教授。

日本の対米外交、おもてなし限界 ジェームズ・スタインバーグ氏 [有料会員限定]

6:00

トランプ米大統領の5月の来日は、安倍晋三首相が強固な日米関係を維持しようと展開してきた戦略のひとつの頂点だった。安倍氏は2…続き

6月8日

Keith Richburg 英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)修士。米ワシントン・ポスト紙で北京やマニラなどの特派員を歴任。ハーバード大フェローなどを経て、現職。

米大統領選後も保護主義は不変 キース・リッチバーグ氏[有料会員限定]

2020年の米大統領選に出馬する野党・民主党の候補と支持者にとって、トランプ大統領を破り、米国がトランプ氏以前の感覚を取り…続き

6月1日

James Stavridis 元米海軍大将。2009~13年北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍最高司令官。米タフツ大フレッチャー法律外交大学院長を経て、カーライル・グループ所属。

南シナ海の衝突 米中で偶発回避 ジェームズ・スタブリディス氏[有料会員限定]

6:00

中国が南シナ海に進出している。2013年、南沙(英名スプラトリー)諸島のジョンソン礁で建造物が確認されたが、合わせて7つの…続き

5月25日

Jim O’Neill 米ゴールドマン・サックスのグローバル経済調査部長だった01年、中国やインドなどの頭文字から成る造語「BRICs」を提唱。英財務省政務次官などを経て、18年現職。

G20失地回復へ 重要議題実行を ジム・オニール氏[有料会員限定]

6:00

私は2008年の金融危機などを踏まえ、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が、世界の経済や社会を代表する枠組みとし…続き

5月18日

Andreea Brinza ルーマニア・アジア太平洋研究所(RISAP)で研究活動する。研究分野は中国などアジア太平洋の地政学関連。特に一帯一路に注目している。

中国の一帯一路 多国間の協力で アンドリーア・ブリンザ氏[有料会員限定]

6:00

中国の広域経済圏構想「一帯一路」は特に最近1年間、厳しい批判にさらされてきた。マレーシアやモルディブの選挙などを通じ、関係…続き

5月11日

James Steinberg 96年から米クリントン政権で国家安全保障担当の大統領副補佐官、09年から11年までオバマ政権で国務副長官。現在はシラキュース大教授。

技術の「冷戦」 米中、分断回避を ジェームズ・スタインバーグ氏[有料会員限定]

6:00

米国と中国の間で「新冷戦」が本格的に始まるのではないかとの不安が高まる中、米中の政治家やアナリストは、両国の関係について暗…続き

5月4日

Robert Manning 専門は世界情勢分析で、米国務省顧問や国家情報会議(NIC)グループ員などを歴任。アジアの安全保障に関する著作などがある。

北朝鮮にリスク 進まない核放棄 ロバート・マニング氏[有料会員限定]

6:00

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が核を放棄する、魔法のインセンティブ(誘因)は何だろうか。いままでの米朝首脳会談な…続き

4月27日

Michael Vatikiotis 英オックスフォード大博士。インドネシアなどアジアでの報道活動を経て04年、スイス拠点の人道対話センターに所属。東南アジア政治などに関する著作がある

インドネシア 国民統合の試練 マイケル・バティキオティス氏[有料会員限定]

6:00

インドネシアの大統領選挙で、ジョコ・ウィドド大統領が再選を確実にした。ジョコ氏には現職の強みがあり、経済政策でじゅうぶんな…続き

4月20日

Brahma Chellaney 印ジャワハルラル・ネール大博士(国際論)。地政学者として米ブルッキングス研究所やオーストラリア国立大で研究活動し、アジアの水を巡る著作などがある。

宇宙戦争の危険 アジアで現実味 ブラーマ・チェラニー氏[有料会員限定]

6:00

中国は2007年、ミサイルを使った人工衛星の撃墜実験を実施した。宇宙の軍事化の懸念を呼び起こすとともに、国際的な批判にさら…続き

4月13日

Kevin Rudd 07~10年、13年オーストラリア首相。外交官出身で、外相経験も持つ。流ちょうな中国語を話し、中国通で知られる。15年現職。

中国包囲の立場 関係国は明確に ケビン・ラッド氏[有料会員限定]

6:00

中国の台頭への対応を巡り、アジア太平洋地域の米国の同盟・友好国は議論を繰り広げてきた。安倍晋三首相は2007年、民主主義国…続き

4月6日

Jim O’Neill 米ゴールドマン・サックスのグローバル経済調査部長だった01年、中国やインドなどの頭文字から成る造語「BRICs」を提唱。英財務省政務次官などを経て、18年現職

人口減少の日本、生産性追求を ジム・オニール氏[有料会員限定]

2:00

日本経済の将来について、暗い見通しが出ている。少子高齢化の加速が予想されるうえ、生産性が低迷しているためだ。
長期的な経済…続き

海底ケーブル切断の脅威 データ通信支える命綱[有料会員限定]

2:00

FRB対MMTの危うさ[有料会員限定]

19日 2:00

改正放送法 地方局の活路は[有料会員限定]

12日 2:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報