2019年9月22日(日)

Asiaを読む
フォローする

9月21日

Kavi Chongkittavorn タイの英字紙ネーションの記者などを経て現職。ASEAN事務局での勤務経験もある。専門は米国の東南アジア政策など。

タイへの訪問客 急増リスク浮上 ガヴィ・チョンキタウォーン氏[有料会員限定]

2:00

タイは「ほほえみの国」として知られるが、今はそれほどにこやかではないはずだ。観光客の急増が、治安への脅威になっているのでは…続き

9月14日

Syed Munir Khasru 米ペンシルベニア大経営大学院修了。バングラ拠点のシンクタンクThe Institute for Policy,Advocacy and Governanceは、地域統合などに力点を置く。

ロヒンギャ難民 自治州づくりを サイード・ムニール・カスル氏[有料会員限定]

6:00

マレーシアのマハティール首相は7月、トルコを訪れ、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャについて「ミャンマー国民として扱…続き

9月7日

Brian Eyler 米カリフォルニア大サンディエゴ校修士。専門は東南アジアと中国の経済協力。

渇くメコン川 中国支配の懸念[有料会員限定]

6:00

メコン川は、中国からラオス、タイなどを通ってベトナムから海へ流れ込む。現在、渇水の危機にひんしており、特に中国以外の流域国…続き

8月31日

Craig Etcheson カンボジアの旧ポル・ポト政権の大量虐殺を裁く特別法廷の共同検察官事務所で国連の捜査官として勤務した経験がある。

カンボジア特別法廷の功 クレイグ・エチソン氏[有料会員限定]

6:00

カンボジアの旧ポル・ポト政権の大量虐殺を裁くために国連の協力で設立された「カンボジア特別法廷」の共同検察官事務所で私は国連…続き

8月24日

Richard Heydarian マニラを拠点に活動し、フィリピンのデラサール大准教授などの経験も持つ。著書にドゥテルテ政権に関する「The rise of Duterte」。

東南アの安保 EUは役割を リチャード・ヘイダリアン氏[有料会員限定]

6:00

世界的に貿易や通貨、外交を巡る対立が目立つ中で8月5日、一つの国際関係が花開く兆しが出た。ベトナムが、欧州連合(EU)と安…続き

8月17日

James Crabtree 英フィナンシャル・タイムズのムンバイ支局長などを経て、現職。英王立国際問題研究所の非常勤フェローも務める。

インドの成長 水不足が阻む ジェームズ・クラブツリー氏[有料会員限定]

6:00

インド南部チェンナイはスマートフォンなどの生産拠点として、製造業の中心都市の座を確実にするはずだった。だが最近、芳しくない…続き

8月10日

Michael Breen 英ガーディアン紙の記者などを経て、韓国市場に関するPR会社を創業、最高経営責任者(CEO)を務める。韓国在住経験は30年以上。著書に「The new Koreans」など。

韓国大統領より国民の変化期待 マイケル・ブリーン氏[有料会員限定]

6:00

日本政府は7月、半導体材料の韓国向け輸出管理を厳格化した。8月に入り、輸出管理を簡略化する優遇対象国のリストから韓国を除外…続き

8月3日

Kimkong Heng カンボジア協力・平和研究所(CICP)に属し、研究活動に携わる。オーストラリア・クイーンズランド大博士課程にも籍を置く。

カンボジア変貌 東南アへの警鐘 キムコン・ヘン氏[有料会員限定]

6:00

カンボジアは最近、中国資本が流入し、中国人観光客が押し寄せるようになった。中国の投資は、カンボジアの独裁的な統治を容易にす…続き

7月27日

Peter Engelke 米ジョージタウン大博士。ジュネーブ安全保障政策センターなどを経て現職。

ヒマラヤの水 「評議会」で保護を ピーター・エンゲルク氏 デビッド・マイケル氏[有料会員限定]

6:00

登山者がエベレスト登頂のため、長蛇の列をつくっている最近の光景は、多くの人の懸念を呼び起こした。世界最高峰が、観光客相手の…続き

7月20日

ミンシン・ペイ 米クレアモント・マッケナ大学教授
Minxin Pei is a professor of government at Claremont McKenna College

選択余地乏しい中国の習主席 ミンシン・ペイ氏[有料会員限定]

6:00

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は苦境に立たされている。6月末の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で米中貿…続き

7月13日

Stephen Grenville オーストラリア国立大博士。元オーストラリア準備銀行副総裁。経済協力開発機構(OECD)や国際通貨基金(IMF)での勤務経験もある。専門は国際金融など。

通貨「リブラ」、新興国にリスク スティーブン・グレンビル氏[有料会員限定]

6:00

米フェイスブック(FB)が、「リブラ」と呼ぶデジタル通貨を使った金融サービスを2020年前半に始めるとの発表は、懐疑的な見…続き

7月6日

Kevin Rudd 07~10年、13年にオーストラリア首相。外交官出身で、外相経験も持つ。流ちょうな中国語を話し、中国通として知られる。15年現職。

米中の貿易戦争 分断、どこまで ケビン・ラッド氏[有料会員限定]

6:00

米中貿易戦争を理解するのは容易でない。世界経済が連動しなくなる「デカップリング」をどのように引き起こし、米中両国の長期の戦…続き

6月29日

Vivek Pathak ムンバイ大修士(経営学)。世界銀行グループで民間向けに投融資する国際金融公社(IFC)で中東や北アフリカ、中央アジアを担当した後、14年から現職。

3Dの技術活用 アジアは注力を ビベク・パタク氏[有料会員限定]

6:00

店に入り、体をスキャンして採寸し、自分だけの服を着て外に出る。3次元(3D)プリンティングの技術が進化すれば、絵空事ではな…続き

6月22日

中国との絆重視 マレーシア転換 シャンカラン・ナンビア氏[有料会員限定]

6:00

マレーシアのマハティール首相が2018年5月に就任した当時、中国と距離を置くのは明白に思われた。しかし就任から1年を経て、…続き

6月15日

日本の対米外交、おもてなし限界 ジェームズ・スタインバーグ氏[有料会員限定]

6:00

トランプ米大統領の5月の来日は、安倍晋三首相が強固な日米関係を維持しようと展開してきた戦略のひとつの頂点だった。安倍氏は2…続き

6月8日

米大統領選後も保護主義は不変 キース・リッチバーグ氏[有料会員限定]

6:00

2020年の米大統領選に出馬する野党・民主党の候補と支持者にとって、トランプ大統領を破り、米国がトランプ氏以前の感覚を取り…続き

6月1日

南シナ海の衝突 米中で偶発回避 ジェームズ・スタブリディス氏[有料会員限定]

6:00

中国が南シナ海に進出している。2013年、南沙(英名スプラトリー)諸島のジョンソン礁で建造物が確認されたが、合わせて7つの…続き

5月25日

G20失地回復へ 重要議題実行を ジム・オニール氏[有料会員限定]

6:00

私は2008年の金融危機などを踏まえ、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が、世界の経済や社会を代表する枠組みとし…続き

5月18日

中国の一帯一路 多国間の協力で アンドリーア・ブリンザ氏[有料会員限定]

6:00

中国の広域経済圏構想「一帯一路」は特に最近1年間、厳しい批判にさらされてきた。マレーシアやモルディブの選挙などを通じ、関係…続き

5月11日

技術の「冷戦」 米中、分断回避を ジェームズ・スタインバーグ氏[有料会員限定]

6:00

米国と中国の間で「新冷戦」が本格的に始まるのではないかとの不安が高まる中、米中の政治家やアナリストは、両国の関係について暗…続き

25件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 次へ

「リクナビ」温床に日本型雇用[有料会員限定]

18日 2:00

9.11から癒えぬアメリカの「超大国疲れ」[有料会員限定]

11日 2:00

リブラ・元・ドルの三角関係[有料会員限定]

4日 2:00

がんゲノム医療の課題は(複眼)[有料会員限定]

2019/9/19付

リブラを容認できるか(複眼)[有料会員限定]

2019/9/12付

観光公害 どう向き合う(複眼)[有料会員限定]

2019/9/5付

9/22 18:00更新 オピニオン 記事ランキング

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。