/

この記事は会員限定です

デスクワーク中心の生活、食事を節制しても肥満に

[有料会員限定]
 太る原因としてよく挙げられる「食べ過ぎ」と「運動不足」。どちらがどのくらい影響しているのでしょうか。実は、カロリーの取り過ぎよりも、体を動かさない日常生活のほうが肥満や生活習慣病への関わりが深いことが判明してきました。

肥満の増加には「体を動かさない生活」が影響している

2014年に発表された米国の全国健康栄養調査のデータを解析した報告によると、1988年から2010年にかけて、米国人のBMI(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

健康や暮らしに役立つノウハウなどをまとめています。
※ NIKKEI STYLE は2023年にリニューアルしました。これまでに公開したコンテンツのほとんどは日経電子版などで引き続きご覧いただけます。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません