/

この記事は会員限定です

治りにくい骨折「偽関節」 進む治療法

仮骨育成や自家骨移植、幹細胞使う再生も研究

[有料会員限定]
 転倒や交通事故などの際に起こる骨折。軽症でも治るまで約1カ月かかるが、治りにくいタイプだと1年以上になるケースも多い。骨がくっつきにくい場合もあるので、骨折したと思ったら、なるべく早く医療機関を受診し、適切に治療するのが大切だ。

大阪府内に住む30代のAさんはバイクを運転中に交通事故に遭い、救急病院に運び込まれた。脛(けい)骨が折れており、患部の筋肉も傷めた。治療したが、治りが悪く半年たっても骨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

健康や暮らしに役立つノウハウなどをまとめています。
※ NIKKEI STYLE は2023年にリニューアルしました。これまでに公開したコンテンツのほとんどは日経電子版などで引き続きご覧いただけます。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません