メニューを閉じる
2018年11月20日(火)

食品製造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

 食品製造 > 調味料・食品添加物(27件)

味噌、だし、醤油、みりんなどの(うまみ調味料・風味調味料)、香辛料、天然調味料・直物エキス及び、酸化防止剤等の食品添加物を製造する。

証券コード 銘柄名 時価総額
(百万円)
チャート
2801
東証1部
キッコーマン
【しょうゆ最大手】国内シェア3割。海外を拡大。酒類・食品も展開。
1,153,605 チャート
2802
東証1部
味の素
【総合食品最大手】発酵技術基盤に調味料から医薬まで展開。
1,035,996 チャート
2810
東証1部
ハウス食品グループ本社
【カレー首位】商品開発、企画宣伝力に定評。多角化進める。
394,079 チャート
2815
東証1部
アリアケジャパン
【天然調味料最大手】畜産系。加工食品や外食向けに供給。
326,774 チャート
2811
東証1部
カゴメ
【トマト加工品大手】飲料ブランド強力。個人株主の比率が高い。
323,256 チャート
4118
東証1部
カネカ
【塩ビ大手】樹脂、食品、医薬中間体、電子材料など多角化。
293,300 チャート
2531
東証1部
宝ホールディングス
【焼酎首位】「松竹梅」、みりんも柱。バイオ事業も収益貢献。
282,783 チャート
2109
東証1部
三井製糖
【国内精糖最大手】新三井製糖、台糖、ケイ・エスが合併し発足。
85,850 チャート
4368
東証1部
扶桑化学工業
【果実酸大手】リンゴ酸など世界シェア上位。電子材料も手掛ける。
80,965 チャート
4526
東証1部
理研ビタミン
【加工食品主力】家庭、業務用を手掛ける。海外拠点の展開急ぐ。
72,251 チャート
4958
東証1部
長谷川香料
【香料大手】飲料向け香料が中心。フルーツ加工品も製造。
66,838 チャート
2805
東証2部
エスビー食品
【香辛料最大手】カレーなど即席食品と香辛料で売上高の9割。
64,398 チャート
2209
東証1部
井村屋グループ
【肉まん・あんまん大手】冷菓や調味料に加えレストランも展開。
39,140 チャート
2902
名証2部
太陽化学
【食品素材メーカー】乳化剤、安定剤中心。機能性添加物開発も。
37,339 チャート
2806
東証2部
ユタカフーズ
【東洋水産系】食品製造中堅。めん類に加え自社開発調味料強化。
17,691 チャート
6312
JQス
フロイント産業
【造粒・コーティング装置製造】製薬会社向けが主力。
15,235 チャート
2812
東証1部
焼津水産化学工業
【魚介類系調味料素材メーカー】独自技術の機能性食品素材に強み。
13,774 チャート
4977
東証1部
新田ゼラチン
【ゼラチン製造・販売】国内販売で首位。食品・医療向けが主力。
13,615 チャート
2814
JQス
佐藤食品工業
【粉末系エキス主力】粉体化技術に強み。健康食品向けに力。
12,861 チャート
2816
東証2部
ダイショー
【調味料製造販売】粉末調味料、たれ、スープのほか粉末青汁も。
12,740 チャート
2916
JQス
仙波糖化工業
【食用天然色素最大手】カラメルで国内4割のシェア。
10,351 チャート
7932
JQス
ニッピ
【皮革大手】靴用など。ペプタイドやコラーゲンの製造にも力。
8,797 チャート
2551
名証2部
マルサンアイ
【みそ・豆乳大手】大豆加工に強み。みそ業界3位、豆乳は2位。
8,128 チャート
2924
東証1部
イフジ産業
【液卵製造大手】製菓・菓子パン向けが主力。茶わん蒸しなども。
5,900 チャート
4531
東証1部
有機合成薬品工業
【特殊合成品】食品添加物や医薬品原料、工業薬品が中心。
5,449 チャート
2058
福証
ヒガシマル
【水産配合飼料大手】主にクルマエビ養殖用。めん製品販売も。
5,358 チャート
2813
JQス
和弘食品
【スープ・たれ製造】メーカー、飲食店向けスープ・たれが主力。
2,677 チャート

は  調味料・食品添加物  を主力事業としている企業を表す

提供: 企業・業界を素早く、多面的に分析できるサービス、日経ValueSearch
  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

11月20日(火)14:18

日産役員 官房長官にゴーン氏逮捕の経緯説明[映像あり]

経産相 米中対立「日本企業への影響注視」

11月20日(火)13:00