メニューを閉じる
2020年12月2日(水)

人材紹介・人材派遣

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ドンキ前社長「株買っておけ」知人が説明、詰めの捜査

社会・くらし
2020/12/2 23:00
保存
共有
印刷
その他

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDとの連携強化を巡る株取引の不正推奨疑惑で、ドンキHD前社長(57)が同社株の購入を勧めたとされる知人男性が、東京地検特捜部の調べに「(前社長に)株を買っておけと言われた」と説明していることが2日、関係者の話で分かった。

特捜部は連携強化の公表前に前社長が株取引を勧めた金融商品取引法違反(取引推奨)の疑いを裏付ける証言とみて、詰めの捜査を進めている。

ユニファミマ(現ファミリーマート)とドンキHD(現パン・パシフィック・インターナショナルHD)の連携強化は2018年10月11日に公表された。特捜部や証券取引等監視委員会の調べなどによると、知人やその親族らは同年9月上旬からドンキHD株の買い付けを始め、公表後の売却で多額の利益を得たとみられる。

前社長本人の説明によると、前社長と知人男性は連携強化公表の約2カ月前の18年8月中旬に会食していた。関係者の話では、9月にも電話で連絡を取っていたという。

関係者によると、知人は特捜部による任意の事情聴取で、同年8~9月の会食や電話で、前社長から「とにかくうちの株を買っておけばいい、と言われた」と説明。株購入を勧める理由を尋ねたところ「(前社長は)言えない、と答えた」などと話したという。

一方、前社長は取材に対し「(株取引の)推奨も(連携強化の情報)伝達もしていない。知人をもうけさせる動機がない」などと疑惑を否定している。

一連の疑惑を巡っては、監視委が19年11月と今夏に関係先を強制調査したほか、特捜部も前社長や知人らから任意で事情聴取。特捜部は監視委と連携し、聴取内容や押収した資料の分析などを進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4681件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World