メニューを閉じる
2020年10月26日(月)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

野村総研「海外の壁」破るか 豪州で利益率10%目標
証券部 野口知宏

2019/12/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野村総合研究所の此本臣吾社長は、オーストラリア子会社、ASGグループを中核とする海外事業の営業利益率を10%に高める計画を明らかにした。日本のシステム大手にとって海外は鬼門で、NECや富士通は赤字。野村総研にはどんな方程式があるのか。

ASGは2016年に約300億円で買収したシステム会社。会計検査院のシステムのクラウド移行や州政府の道路公団の案件を受注するなど、官公庁の取引先を増やしてきた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

38件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World