メニューを閉じる
2020年10月22日(木)

消費者・事業者金融

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソニーが抱える長期生保リスク 超緩和下の金融再編
証券部 山田航平

2020/5/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーが約65%を出資している上場子会社のソニーフィナンシャルホールディングス(SFH)を、約4000億円を投じて今夏にも完全子会社化する。会社は2022年3月期以降の1株利益を8%程度押し上げると試算するが、19日に正式発表した後、株価は小幅安の展開。SFHの利益の8割を稼ぐソニー生命は、超長期の契約に特色がある。コロナショック対策で大胆な金融緩和が進むなか、保険負債と運用のバランスの難しさを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

業界一覧

  • QUICK Money World