メニューを閉じる
2020年12月2日(水)

旅行・ホテル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「やっと来た」大会に期待 五輪サーフィンの一宮町

Tokyoオリパラ
千葉
関東
社会・くらし
2020/10/30 11:28
保存
共有
印刷
その他

聖地にサーフィンが帰ってくる。東京五輪で競技会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で、延期されていたジャパンオープンが31日から行われる。新型コロナウイルスの影響で観光客が大きく減った町では、大会開催を活性化につなげたいと期待を寄せている。

東京五輪でサーフィン会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸。延期されていたジャパンオープンが31日から行われる=共同

東京五輪でサーフィン会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸。延期されていたジャパンオープンが31日から行われる=共同

「やっと来たかという感じ」。会場近くのペンション「サードプレイス」の橋本敏宗オーナーは顔をほころばせた。

新型コロナの感染拡大で緊急事態宣言が出された4月、一宮町を含む海沿いの県内6自治体は来訪を控えるよう異例のメッセージを発信。同店も休業を余儀なくされた。「厳しい時期だった」と橋本さんは振り返る。

ジャパンオープンは無観客だが、大会の様子はライブ配信される。橋本さんは「動画で見てもらうだけでも大きく違う」と歓迎。五輪では米国代表選手の宿泊を受け入れる予定で、ストレッチやトレーニングができる部屋を建設中だ。

同町サーフィン業組合の鵜沢清永組合長によると、4、5月は多くのサーフショップが休業し雇用にも影響が出ていたが、6月以降はサーファーが徐々に戻ってきたという。鵜沢さんは「最近は五輪会場を見に来たという人も増えている。町の名前が出ることは大きい」と強調する。

一方、宿泊施設などでは厳しい運営が続いている。6月1日にオープンした「ホテルくじゅうくり」は、開業当初から観光客減の影響を受け、今でも予約率が半分未満の日が多いという。杉本春枝総支配人は「五輪本番でも観客数を制限するなら厳しいかもしれない」と危機感を募らせる。

来年の本番を迎えるには、町内での感染を防ぐなど今回の大会を無事に終わらせることが重要。町の担当者は「盛り上げることも大事だが、町民を守ることも大事」と話し、主催者に十分な感染対策を求めている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2406件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World