メニューを閉じる
2020年9月28日(月)

旅行・ホテル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道内宿泊者6割減、訪日客はほぼゼロ 7月

インバウンド
2020/8/12 13:47
保存
共有
印刷
その他

日本旅館協会北海道支部連合会がまとめた7月の宿泊実績によると、北海道内104施設の宿泊者数は前年同月比62%減の延べ21万2000人だった。売り上げは52%減だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内客は半減し、訪日外国人客は99%以上減った。

観光名所「さっぽろテレビ塔」も観光客は激減している(7月23日、札幌市)

国内客は「函館・湯の川・松前・江差・八雲」(68%減)や「知床・ウトロ温泉・岩尾別温泉」(63%減)で特に落ち込みが激しかった。一方、「根室・標津・川湯・摩周温泉」や「釧路・釧路近郊」は2割減程度にとどまった。

訪日客は99.6%減の延べ557人だった。2019年は1万4000人が訪れた「定山渓温泉・小金湯温泉」はゼロ。「釧路・釧路近郊」もゼロで、14地域のうち11地域で99%強の減少だった。

6月の宿泊実績(83%減)に比べ、7月は行政の需要喚起策が奏功し、観光客の動きが少しずつ戻りつつある。回答施設からは「4連休はそこそこ動いた」や「『どうみん割』利用が動き始めた」といった声が上がった。一方、「連休は忙しかったのでコロナが心配」という不安の声もあった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2249件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World