メニューを閉じる
2020年9月29日(火)

旅行・ホテル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

JTBがバーチャル修学旅行商品 VRと実体験を融合

2020/8/11 15:37
保存
共有
印刷
その他

JTBは全国の小中高校を対象に、仮想現実(VR)と実体験を組み合わせた修学旅行商品の提供を10月1日から始める。観光地のVR映像体験、オンラインでの旅先の人たちとの交流に加え、学校の場で伝統工芸などを体験できるようにする。新型コロナウイルスの影響で修学旅行の取りやめが相次いでおり、旅行に代わる新たな学校教育サービスを創出する。

サービス名は「バーチャル修学旅行360(さんろくまる)」。第1弾として「京都・奈良編」の仮想旅行プランを用意する。8月31日から学校単位で予約を受け付け、10月1日以降にサービスを開始する。サービス価格はVR映像の体験が生徒1人あたりで税別4800円で先生は無料。追加のオプションで価格が変動する。

契約した学校には簡易的なVRゴーグルを送る。生徒はスマートフォンにゴーグルを取り付けて、京都と奈良の寺社、仏閣などを360度見渡せるVR映像を視聴する。

追加オプションではオンラインで舞妓(まいこ)や旅館の女将、バスガイドら修学旅行で出会うはずだった人たちとの交流の場を設ける。学校での実際の体験としては清水焼や漆器、友禅染など伝統工芸体験を用意。インストラクターの派遣やオンラインでの指導などで対応する。旅先の土産物も学校で購入できるようにする。

全国で修学旅行の中止が相次いでおり、IT(情報技術)を活用して新たな学びの場をつくる。同社は「新型コロナ収束後にVRで見た観光地への旅行需要の拡大にもつなげたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2255件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World