メニューを閉じる
2020年10月27日(火)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ALBERTの1~6月期、最終赤字1億円 不適切会計で特別損失

2020/9/18 21:00
保存
共有
印刷
その他

ビッグデータ分析を手掛けるALBERTが18日発表した2020年1~6月期の単独決算は、最終損益が1億1400万円の赤字(前年同期は7700万円の黒字)だった。前期に判明した不適切な会計処理について第三者による調査を実施。調査費用を特別損失として約1億7600万円計上した。

売上高は前年同期比13%増の12億円、営業利益は6%減の7200万円だった。自動車事故の状況を再現する人工知能(AI)システムなどが好調なため、新卒採用を拡充し人件費が増加した。

前期に実施した業務委託契約や社員研修などで妥当性に乏しい会計処理があった。通常の手順とは異なり、納品前に検収書を発行するなどしていたという。専門部署の設置で再発防止を期す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4051件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World