メニューを閉じる
2020年7月7日(火)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マイダスアイティ オンライン採用試験をAIで分析

2020/5/28 12:51
保存
共有
印刷
その他

韓国ソフトウエア会社の日本法人であるマイダスアイティジャパンは、人工知能(AI)が採用試験を分析するシステムを販売した。脳神経科学をもとにつくられたアルゴリズムで、面接と適性検査を通して受験者の行動特性を分析。分析結果を点数やグラフで表示し、企業が求める特性をもつ人材の客観的データを提供する。人事担当者が選考を進める際の参考指標のひとつに役立てられるという。

サービスは「inAIR(インエア)」。料金は受験者1人あたり最低5000円から。

オンライン面接では、自己紹介や用意された質問に対する受け答え内容のほか、面接の際の表情や声もAI判断の指標になる。受験者の顔の上に68カ所の点をプロットし、点の動きから感情を分析。音声からは声のトーンや速度のデータを抽出する。

適性検査ではゲーム形式の問題に回答する。例えばブロックを積み重ねて削除するゲームでは、すぐに行を削除する人は突発的な業務を好むタイプで、ブロックをじっくり積み重ねて一気に削除する人は、中長期な計画の業務を好むタイプ、と判断できる。

面接と適性検査の結果を総合的に判断し、自己肯定や成長欲求など37の行動特性ごとに点数が算出される。人事担当者は分析結果を参考のひとつとして採用活動を進める。筆記試験や適性検査、面接をまとめて受験できることから、採用期間を最大8割短縮した事例もあった。

マイダスアイティは、建築設計のシミュレーションをするソフトウェアを開発、販売している。シミュレーションで培ったノウハウを人材の特性分析に活用。韓国ではインエアを3年前に販売開始し、これまでに約1000社が利用した。

6月からは琉球大学で大学3年生向けに自己分析のツールとして導入することが決まっている。採用試験のほか、社員の適切な部署の配置にも活用できるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4137件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

小売業の進化 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 岡崎 良介

2020年7月6日

島野喜三氏が死去 シマノ元社長 [映像あり]

6月の新規投信、設定額が453億円に増加

2020年7月6日