メニューを閉じる
2020年3月31日(火)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

五輪チケットの偽サイト クレジット情報盗む目的か

Tokyo2020
2020/2/14 9:41
保存
共有
印刷
その他

東京五輪の人気チケットを購入できるかのように装った偽の転売サイトが確認されていたことが分かった。購入しようとした人のクレジットカード情報などを盗む「フィッシング」サイトとみられ、東京五輪・パラリンピック組織委員会は注意を呼び掛けた。

東京五輪の開会式などチケットを購入できるかのように装った偽の転売サイトの画面(トレンドマイクロ提供、画像の情報の一部を加工しています)=共同

東京五輪の開会式などチケットを購入できるかのように装った偽の転売サイトの画面(トレンドマイクロ提供、画像の情報の一部を加工しています)=共同

情報セキュリティー会社のトレンドマイクロによると、偽サイトは「オリンピックチケット2020」を名乗り、1月下旬ごろ登場した。英語や日本語で「開会式のチケットを6750ドル(約74万円)で売る」などと書かれ、購入画面で個人情報の入力を求めてくる。

大会組織委によると、五輪チケットの転売は、定価で売却できる公式サイトでしか認められていない。公式サイトは今春にオープンする予定で、組織委は「不正に入手したチケットは無効化され、会場に入れなくなる」と説明した。

偽サイトは今月上旬に閉鎖されたが、トレンドマイクロは「同じような偽サイトは繰り返し登場する」と警告した。五輪チケットを巡っては、偽のメールや携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)も既に確認されている。

偽の転売サイトにはセキュリティー上の欠陥があり、別のハッカー集団からサイバー攻撃を受けた形跡があった。入力した人は同時に複数のグループに情報を盗まれた恐れがあるが、実際に被害者がいたかは不明だ。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4090件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World