メニューを閉じる
2019年12月9日(月)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インサイトコア、店舗向けサブスク導入サービス開始

スタートアップ
2019/11/14 16:11
保存
共有
印刷
その他

マーケティング支援のインサイトコア(東京・港)は飲食店などがサブスクリプション(定額課金)の仕組みを導入し、ネット上で定期券や回数券を販売できるサービスを始めた。サービスの利用企業は自社でアプリやウェブサイトを制作する必要がなく、低コストでサブスクによる集客を試すことが可能になる。

飲食店などが手軽にサブスクを導入できる(サービス画面のイメージ)

サブスクのためのポータルサイト「モンスターパス」を公開した。消費者はモンスターパス上で、飲食店や美容室など幅広い分野にわたる定額サービスを「購入」できる。クレジットカードで決済を済ませるとチケットが表示され、それを店舗で店員に見せて使う仕組みだ。

企業がモンスターパスを通じてチケットを配信する費用は1店舗あたり月額2980円に設定した。このほか売り上げに応じた手数料が発生する。

初期費用を抑えることで、中小規模の店舗でも導入しやすくした。インサイトコアは「大手の飲食チェーンなどでもモンスターパスを使って店舗ごとにサブスクを試し、効果を検証するニーズがある」とみている。

インサイトコアによればレインズインターナショナルが運営する焼肉店「牛角」や居酒屋「土間土間」の一部店舗をはじめ、計200店舗が導入することが決まっているという。

インサイトコアの竹村義輝社長は「一律にクーポンを配布するのは非効率で、サブスクを採用する店舗は今後さらに増える。早期に2000店の利用を目指す」と話している。

サブスクは「所有」に代わる消費の新たな概念で、外食だけでなく乗用車や家電製品、日用品など様々な業界に広がっている。一方でサブスクに参入したいと考えても、システム構築などが困難で二の足を踏む企業も少なくない。インサイトコアのようなスタートアップが後押しすることは日本でのサブスク事業の裾野を広げる効果がありそうだ。

(山田遼太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4063件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World