メニューを閉じる
2019年10月21日(月)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NEC系、クラウドで輸出入の管理業務を支援

2019/9/12 11:21
保存
共有
印刷
その他

NECネクサソリューションズは、クラウド上で輸出入の管理業務などができる航空・海上貨物事業者向けサービスの販売を始めた。ユーザーが必要最小限の機能を選んで契約でき、システム投資の費用を抑えられるようにした。貨物事業に新規参入する企業などの需要を見込み、5年間で140社への販売を目指す。

通関の手続きや輸送の手配を代行する混載貨物事業者(フォワーダー)向けのサービスで、見積書の管理や通関の手続きなどから必要な機能を選べる。例えば「航空輸出管理」と「請求支払管理」の機能が使えるIDを1つ契約した場合、基本料金と合わせて月額3万8000円になる。

従来のサービスでは、顧客ごとにサーバーを設置して、航空貨物または海上貨物の全機能をセットで販売していた。これに対し、新サービスは内容に応じた価格を設定できるほか、サーバーの運用業務も省ける。自社でサーバーを管理する余裕のない中小企業などの利用を想定する。

請求書などはすべてPDFとして出力できる。また、手書きの契約書などを画像データとして取り込み、文字データに変換する機能を追加することもできる。

空港や港湾から離れた場所でも業務ができ、働き方改革の一環のテレワーク推進などでの需要も期待する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4025件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World