メニューを閉じる
2019年9月22日(日)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本マイクロソフト、独SAPと連携してクラウド拡販

2019/8/20 18:45
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフト(MS)は20日、欧州ソフトウエア最大手の独SAPと連携し、顧客企業がSAP製の新たなIT(情報技術)システムに移行するのを支援する方針を表明した。システムを動かす基盤となるMSのクラウドサービス「アジュール」の拡販につなげる狙いがある。平野拓也社長は8月31日に日本法人の社長を退くが、後任は発表しなかった。

日本マイクロソフトの平野拓也社長(20日、都内での経営方針説明会)

20日、都内で開いた2020年6月期の経営方針説明会で表明した。SAPの統合基幹業務システム(ERP)は大手製造業を中心に幅広く使われている。この刷新を支援する日本MSの要員を、20年6月期は前期の2倍に増やす。

SAPのERPの旧版は25年にサポートが打ち切りとなる。新版の導入と併せて、システム基盤をクラウドに切り替える顧客が増えている。日本MSはSAPと連携して顧客にERPの刷新を促し、アジュールの拡販につなげる方針だ。

日本MSの平野社長は「ITシステムを経営課題と認識する経営者が増えている」と説明。その上で、足元で連結売上高の半分に達したクラウドサービスの売上高を20年6月期にさらに伸ばしたいとした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4017件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World