メニューを閉じる
2019年9月23日(月)

システム・ソフトウエア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

リミックスの4~6月、最終赤字4億円強 暗号資産低調

企業決算
2019/8/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

リミックスポイントが14日発表した2019年4~6月期の連結決算は最終損益が4億3600万円の赤字(前年同期は3億9300万円の黒字)だった。暗号資産(仮想通貨)の大口取引が減少したほか、電力売買事業が低調だった。先行きが見通せないとして、20年3月期の通期業績予想は公表していない。

売上高は13%減の30億円。傘下の仮想通貨交換所、ビットポイントジャパン(東京・港、BPJ)での取引が低調で仮想通貨関連事業の売上高が8割近く減った。システム開発などの費用も増え同事業は3億円強の営業赤字だった。

BPJでは7月中旬に約30億円分の仮想通貨の不正流出が発覚した。リミックスは対応費用など約36億円の特別損失を7~9月期に計上する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4017件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World