メニューを閉じる
2020年7月10日(金)

インターネットサイト運営

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

高島屋大阪店の中元商戦、売り場面積2倍に 密集防ぐ

2020/6/4 17:30
保存
共有
印刷
その他

新型コロナの感染防止対策でブースを例年より広くした(4日、高島屋大阪店)

新型コロナの感染防止対策でブースを例年より広くした(4日、高島屋大阪店)

関西で大手百貨店の中元商戦が本格的に始まった。高島屋大阪店(大阪市)は4日、特設売り場を設置。新型コロナウイルス感染防止対策として、来店客の混雑を緩和するための待合スペースを拡大するなど売り場に工夫を凝らす。外出自粛を受けた「巣ごもり消費」を取り込む狙いで、インターネット通販の対応も強化している。

高島屋大阪店は来客の密集を防ぐため、待合スペースや通路を拡大し、売り場面積を従来の2倍にした。試食や店員による宣伝販売を取りやめ、来店客に事前予約システムなど活用を呼びかける。伊藤桂副店長は「お客様が安全安心に買い物できるようにする」と強調した。

中元商戦に向けて独自の商品をそろえる(4日、高島屋大阪店)

中元商戦に向けて独自の商品をそろえる(4日、高島屋大阪店)

売り場には同社限定のハンバーグやドリンクなど約1500点の商品をそろえた。5月8日から始めた中元のネット通販は好調で、総菜などの売り上げは前年比4倍。売り場とネットを合わせて、前年並みの売り上げを目指すとしている。

近鉄百貨店もネットでの販売を強化。取り扱う商品数を例年より約5%増やしたほか、デジタルカタログの商品を選ぶと注文画面に移る仕組みも導入した。期間限定で一部商品の送料も無料とし、売り上げは前年の3倍ほどで推移しているという。阪急百貨店もネット販売の売上高が伸びており、担当者は「外出を控える動きがあり、EC(電子商取引)での需要が高まっている」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3888件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World