メニューを閉じる
2020年3月31日(火)

インターネットサイト運営

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

メルカリ、流通データを開放 無人ボックス設置へ

2020/2/20 18:07
保存
共有
印刷
その他

メルカリは20日、フリマアプリ上で集めた商品の二次流通データを企業に開放すると発表した。利用者の属性や購買行動などをもとに、商品開発や販促活動に活用できる。まずは丸井や化粧品口コミサイトのアイスタイルと組み、データを連携する。メルカリへの出品時に説明文を入力する手間もなくし、利用客の拡大を図る。

記者会見するメルカリの山田社長(20日、東京都港区)

各社の電子商取引(EC)サイトとメルカリ上のIDをひも付け、購入履歴とメルカリでの出品状況を活用する。企業は過去に発売した洋服や化粧品などの人気を把握でき、商品開発に生かせる。20日都内で記者会見したメルカリの山田進太郎社長は「メルカリが持つ二次流通の強みをいかし、一次流通企業を後押ししていく」と強調した。

また、提携企業は商品カタログのデータをメルカリと連携できる。これにより、メルカリの出品者は過去にECサイトで買った製品を出品する際、説明文の入力といった作業の手間が省ける。値付けする際にもデータから相場が表示され、取引が成立しやすくなる。

メルカリの流通総額は年間約5千億円に成長した。出品数を増やすことが課題となっており、小売企業やメーカーと連携してサービスの裾野を広げる狙い。丸井とは今春、初の実店舗を都内に設ける。商品を一時的に保管して落札後に梱包・発送作業を代行するサービスのほか、パナソニックと無人で発送手続きができるボックスを展開する。(駿河翼)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3888件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World