メニューを閉じる
2019年12月6日(金)

インターネットサイト運営

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグルがクラウドゲーム開始 まず米欧で22作品

ネット・IT
北米
2019/11/20 15:01
保存
共有
印刷
その他

グーグルがシティと連携し、銀行サービスを提供する=ロイター

グーグルがシティと連携し、銀行サービスを提供する=ロイター

【シリコンバレー=佐藤浩実】米グーグルは19日、クラウド技術を使ってゲームをストリーミング配信するサービスを欧米14カ国で始めた。ゲーム専用機がなくても、ネットにつないだテレビなどでゲームを楽しむことができる。現時点で遊べるのは「ファイナルファンタジー15」など22作品に限られるが、技術力に優れるIT(情報技術)大手の参入はソニー任天堂にとって脅威となりうる。

グーグルが始めたのは「Stadia(スタディア)」と呼ぶサービス。基本料金は月9.99ドルで、遊びたいゲームに応じて追加料金を払う仕組みだ。19日時点では、コントローラーや映像配信端末などをセットにした「ファウンダーズエディション」を先行予約していた人に限定してサービスを提供している。

スタディアとこれまでのゲームの違いはソニーの「プレイステーション」のような専用機や画像処理性能に優れる高価なパソコンがいらないことだ。プレーヤーの入力操作に対する処理やデータの保存をクラウド側で取り扱うためで、ソフトのダウンロードも不要。テレビやパソコン、スマートフォンといった画面があれば、端末性能の制約を受けずにゲームを遊べるようになる。

19日時点で遊べるのはロールプレイングゲーム「アサシン クリード オデッセイ」やアクションゲーム「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」など22作品。2019年末までに4作品増やすほか、20年には「サイバーパンク2077」など4作品以上を追加する計画だ。グーグルは日本での配信時期については言及していない。

ファイナルファンタジーXV

ファイナルファンタジーXV

クラウドゲームはソニーが14年から先行して取り組んできたが、プレーヤーの操作が画面上の映像に即座に反映されない「レイテンシー(通信遅延)」の問題などが目立ち、利用は限定的だった。ただ、グーグルのように自社でクラウド基盤を持つ企業が参入することで「普及に向けた大きな機会になる」(スクウェア・エニックス・ホールディングスの松田洋祐社長)との見方が広がっている。

マイクロソフトも米国など3カ国でクラウドゲームの試験サービスを展開中で、20年には日本やインドなどにも対象地域を広げる。クラウドゲームではないが、米アップルも9月にiPhoneなどの利用者に対してゲームの定額制サービス(日本は月600円)を始めた。ゲームはソニーや任天堂といった日本企業が世界的に強い分野だが、IT各社が本腰を入れることで業界地図が変わっていく可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4014件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00