メニューを閉じる
2019年9月22日(日)

インターネットサイト運営

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

宅配の再配達、宅配ボックス普及へ補助金(なんとかしてよ!!)
自民・物流倉庫議連事務局長 井林辰憲氏

2019/8/22 23:00
保存
共有
印刷
その他

宅配の再配達の増加で宅配業者の負担が増している。どう減らすべきか。自民党で物流倉庫振興推進議員連盟の事務局長を務める井林辰憲氏に聞いた。

自民・物流倉庫議連事務局長井林辰憲氏

――電子商取引(EC)の拡大に伴って近年、再配達が急増しています。

「目に見える負担はトラックのドライバーにのしかかるが、宅配業者はもとより消費者やEC事業者にもしわ寄せがくる。再配達のコストは誰かが負担しなければならず、宅配業者とEC事業者、受け取り側が三位一体となって努力する姿勢が欠かせない」

――どう対応していく考えですか。

「メールなどで宅配業者と受け取り側が事前に在宅時間を確認し合うことが大事だ。大まかに時間を指定してもトイレと重なって対応できない場合もある」

「上乗せ料金も導入すべきだ。例えば配達が集中する土日の宅配は割増料金にしてもよいのではないか」

――自宅以外で受け取れる環境整備も必要です。

「政府が補助金を出し、駅や集合住宅での宅配ボックスの普及につなげたい。従業員が多い大きな工場などへの設置も促したい。工場には車で出勤する人が多く持ち帰るのも簡単だ。ライフスタイルに合わせ、自然に荷物を受け取れるようにすることが大事だ」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4025件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World