メニューを閉じる
2020年8月13日(木)

インターネットサイト運営

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

損保、豪雨対応でITフル活用 保険金支払い急ぐ 衛星・ドローンで被害把握

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

九州での豪雨被害を受け、損害保険会社や金融機関が対応を急ぐ。被災状況を迅速に確認して保険金を支払うため、大手損保は人工衛星やドローン、LINE、スマートフォンなどのIT(情報技術)を最大限活用する。銀行や政府系金融機関も家屋や工場の復旧のための融資を始めた。

東京海上日動火災保険は国内外の企業と連携し、人工衛星の画像を使って被害の範囲や浸水の深さを把握できるシステムを稼働した。6日には東京本社の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3899件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World