メニューを閉じる
2022年5月21日(土)

コンテンツ制作・配信

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

伊藤さん性被害、再び認定 告白著書には名誉毀損も

事件・司法
2022/1/25 16:02 (2022/1/25 23:25更新)
保存
共有
印刷
その他

控訴審判決を受け、記者会見する伊藤さん(中央)ら(25日、東京都千代田区)=共同

控訴審判決を受け、記者会見する伊藤さん(中央)ら(25日、東京都千代田区)=共同

ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が性暴力で身体的、精神的苦痛を受けたとして、元TBS記者の山口敬之さん(55)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は25日、一審・東京地裁判決と同様に「同意がないのに行為に及んだ」と認め、山口さんに332万円余りの支払いを命じた。

一方、伊藤さんが被害を告白した著書などで、山口さんに薬物を使われた可能性があると記したことには「真実性が認められず、名誉毀損に当たる」と判断。1億3千万円の損害賠償を求めた山口さんの訴えを一部認め、伊藤さんに55万円の支払いを命じた。一審判決は「名誉毀損に当たらない」と退けていた。

山口さんは「合意があった」と主張したが、中山孝雄裁判長は、伊藤さんの性被害の供述は「信用できる」と指摘。2人の関係が仕事上のものにすぎず「性行為が想定されるような親密な関係は認められない」とした。その上で「伊藤さんが意識を失っている中、性行為を始めたと認めざるを得ない」と判断した。

賠償額は一審の認定額に治療関係費として約2万8千円を上積みした。

2人は東京都内でそれぞれ記者会見を開き、伊藤さんは「同意がないと認められたことは、とても大きいことだと思う」と評価した。山口さんは「裁判所が名誉毀損を認めた事実は大きいが、他の部分は不満だ」とし、上告する考えを示した。

判決によると、伊藤さんは2015年4月、就職先の紹介を受けるため山口さんと会食し飲酒した際、意識を失いホテルで性行為をされた。

民事訴訟とは別に、伊藤さんは準強姦(当時)容疑の被害届を警視庁に提出したが、東京地検は16年7月、嫌疑不十分で山口さんを不起訴とした。その後、検察審査会も不起訴相当と議決した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

7320件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World