メニューを閉じる
2022年11月28日(月)

コンテンツ制作・配信

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東映、日本最大の「仮想×実写」撮影設備 23年から運用

ネット・IT
サービス・食品
2022/9/30 2:00
保存
共有
印刷
その他

東映によると発光ダイオード(LED)スタジオとしては日本最大となる(仕上がりのイメージ)

東映によると発光ダイオード(LED)スタジオとしては日本最大となる(仕上がりのイメージ)

東映は現実の被写体と仮想空間の背景を組み合わせて映像を撮影する「バーチャルプロダクション」に対応した設備を東京撮影所(東京・練馬)に新設すると発表した。2023年1月から運用を始める。東映によると発光ダイオード(LED)スタジオとしては日本最大で、映画配給会社が自前で保有・運用するのは国内初。先端技術を活用して、ロケの移動費用の削減や撮影スケジュールの短縮につなげる。

東京撮影所にLEDウオールを設置した。壁用は横30メートル×縦5メートル、天井用は横10メートル×縦5メートル。今後5年間で約20億円を投資する。10月1日から東京撮影所にバーチャルプロダクション部を新たに発足する。

バーチャルプロダクションは俳優や小道具など現実の被写体と仮想空間の背景を同時に撮影し、合成する

バーチャルプロダクションは俳優や小道具など現実の被写体と仮想空間の背景を同時に撮影し、合成する

バーチャルプロダクションは俳優や小道具など現実の被写体と仮想空間の背景を同時に撮影し、合成する撮影技法。背景はデータとして保存できる。同一場面の撮影の際にセットを組み立てる必要がなくなり、スタジオの稼働率を高められる。

【関連記事】ソニー、仮想×実写の撮影所 映像融合でロケ不要に
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

6953件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World