メニューを閉じる
2022年10月8日(土)

コンテンツ制作・配信

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

TikTok、スポンサー付きの政治的コンテンツを制限

米中間選挙2022
ネット・IT
北米
テック
2022/8/18 6:31 (2022/8/18 8:39更新)
保存
共有
印刷
その他

TikTokはSNS上での政治的な広告を認めていない

TikTokはSNS上での政治的な広告を認めていない

【シリコンバレー=白石武志】中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の運営会社は17日、11月の米中間選挙に向けた誤情報対策を発表した。クリエーターらがスポンサーからお金を受け取って政治的なコンテンツを配信するのを制限するルールを徹底し、資金源の開示などに違反があった場合は投稿を削除する。

2016年の米大統領選では有力SNS(交流サイト)上の広告などが選挙工作に悪用され、米メタ(旧フェイスブック)や米ツイッターは対策を迫られた。ティックトックはこうした反省からアプリ上で政治的な広告を認めていないが、多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーが企業や団体などからお金を受け取って作製・配信するコンテンツが抜け道になるおそれがあった。

ティックトックは米中間選挙に向けてクリエーター向けの教育コンテンツを公開するとともに、説明会などを開いて選挙関連の投稿に関するルールを周知する。政治的なコンテンツが有償で作製され、その資金源が適切に開示されていないと同社が判断した場合には、SNS上からすみやかに投稿を削除するという。

米議会ではティックトックが中国政府の監視要求に従うよう義務付けられており、安全保障上の脅威だと指摘する声もある。同社は米国内の利用者がアプリ上で有権者登録などの進め方を調べる場合でも、手続きを実行するには州当局など外部のウェブサイトに誘導するため、同社が利用者のデータや行動履歴にアクセスすることはできないとしている。

ティックトックは米中間選挙に向け、信頼できる情報源にアクセスできる「選挙センター」をアプリ内に設ける。政治家や政党に関するコンテンツには目印となるラベルを加え、閲覧者がラベルをクリックすると選挙センターに誘導して正しい情報を閲覧できるようにする。

【関連記事】
米FCC委員、TikTokアプリの削除要請 GoogleとAppleに
TikTok、米情報をOracle拠点で管理 対中流出懸念が再燃
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

7052件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World