メニューを閉じる
2020年12月2日(水)

保険

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

企業年金の利率下げ、影響は?

朝刊1面を読もう
2020/10/29 7:00
保存
共有
印刷
その他
2020年10月29日の日本経済新聞朝刊1面に「企業年金、予定利率下げ」という記事がありました。第一生命保険は企業年金保険の予定利率を2021年10月に1.25%から0.25%へ引き下げます。どのような影響が出るでしょうか。

ここが気になる

企業年金とは企業が従業員の福利厚生のために設けているものです。国民全員が加入する国民年金、会社員が加入する厚生年金とは別の制度です。企業年金はさらに(1)あらかじめ将来の給付額を保証する「確定給付型」と(2)運用結果で将来の給付額が変わる「確定拠出型」に分けられます。

今回第一生命が予定利率を下げるのは確定給付型の企業年金向けに提供している年金保険です。第一生命と契約している企業、約3000社に影響が出ます。利率が下がると将来受け取れる年金額は減ってしまいます。企業は年金の支払い原資を確保するため、拠出する掛け金を積み増したり別の運用手段に切り替えたりする必要が出てきそうです。

第一生命が企業年金の利率を引き下げるのは19年ぶりです。世界的に低金利の環境が続いており、第一生命に限らず約束した利回りを確保するのが難しくなっています。他の生保各社でも約束している利回り自体を引き下げる動きが強まる可能性が大きいです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は10月29日の朝刊1面を読んでみてください。

この記事をまとめた人:渡部加奈子
2015年入社。保育・女性活躍の取材を経て、コンテンツマーケティングを担当。企業年金に加入するタイミングを毎年逃している。
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1867件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World