メニューを閉じる
2021年4月12日(月)

自動車小売

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ダイヘン社長に蓑毛氏 「重点分野を絞り技術開発」

関西
エレクトロニクス
自動車・機械
2021/2/24 18:14
保存
共有
印刷
その他

ダイヘン次期社長の蓑毛正一郎取締役㊧と田尻哲也社長(24日、大阪市)

ダイヘン次期社長の蓑毛正一郎取締役㊧と田尻哲也社長(24日、大阪市)

ダイヘンは24日、蓑毛正一郎取締役常務執行役員(58)が4月1日付けで社長に昇格すると発表した。記者会見した蓑毛氏は「重点分野を絞って、社会に貢献できる技術開発を目指す」と話した。電気自動車(EV)向けに車体の軽量化につながる溶接技術を開発するなど「グリーン」を重点分野の一つに掲げる。

ダイヘンはアーク溶接機でシェアトップ。ワイヤレス給電システムや半導体製造装置向けの高周波電源も手掛けるが、市場への浸透が不十分なものも多い。蓑毛氏は2014年から技術開発本部長を務めており「開発費を現状の売上高比5%からさらに増やしたい」と話した。

田尻哲也社長(66)は代表権のある会長に就く。田尻氏は09年に社長に就任してから売上高を8割増やした。開発費を増やし、溶接技術を改良。「若い技術者が生き生きと開発をしているのがうれしかった」と記者会見で振り返った。技術開発に力を入れる体制の整備に一定のめどがついたとして交代する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

7279件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World