メニューを閉じる
2021年2月27日(土)

自動車小売

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

台湾大手UMC、半導体不足「車向け優先供給は無理」

アジアBiz
中国・台湾
2021/1/27 21:00
保存
共有
印刷
その他

台湾半導体生産大手のUMCは、半導体不足の早期解消に厳しい見解を示した=ロイター

台湾半導体生産大手のUMCは、半導体不足の早期解消に厳しい見解を示した=ロイター

【台北=中村裕】半導体受託生産で台湾大手の聯華電子(UMC)の王石・総経理は27日、オンラインで開いた記者会見で世界的な半導体不足について「(最も不足が深刻とされる)自動車向けの供給だけを優先するのは無理だ」と述べた。「できるだけ協力する」としながらも、対応は困難との見方を示した。

UMCは、半導体受託生産で世界4位。世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)と並び、不足する自動車用を含め、多くの半導体を生産し、半導体不足の解消のカギを握るメーカーだ。自動車業界は現在、半導体の不足が原因で、独フォルクスワーゲン(VW)やホンダなど、世界の大手自動車メーカーが減産を強いられ、半導体企業に不足解消を訴えている。

ただUMCは、新型コロナウイルスの影響で在宅需要が膨らみ、パソコンなどIT(情報技術)関連製品が、自動車の回復以上に早かったため、自動車メーカーが強く要求する急な発注には十分応えられない背景を説明した。

王総経理は「我々は注文を受けた順番を崩すわけにはいかない。既に工場の稼働率は100%だ」と苦しい状況を明かした。

同日発表した2020年10~12月期決算は、純利益が前年同期比2.9倍の111億台湾㌦(約410億円)と、大幅に増えた。売上高は8%増の452億台湾㌦。20年12月期の通期の売上高は過去最高となる19%増の1768台湾㌦だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

7338件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World