メニューを閉じる
2021年6月13日(日)

専門店・ドラッグストア

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4月の景気判断据え置き、千葉県内 財務事務所

関東
千葉
2021/4/28 18:19
保存
共有
印刷
その他

千葉財務事務所は28日発表した4月の経済情勢報告で、千葉県内の景気の総括判断を「一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」として、1月の前回判断を据え置いた。判断の基になる8項目のうち、個人消費など6項目を据え置き、設備投資は下方修正、公共事業は上方修正した。

個人消費は「新型コロナウイルスの影響により一部に弱さがみられるものの、緩やかな持ち直しが続いている」とした。スーパーやホームセンターの販売額などが前年を上回った一方、百貨店やドラッグストアは下回った。ドラッグストアは20年2月にコロナ感染拡大によるマスクや消毒液などの特需の反動減がみられた。

企業からは、巣ごもり需要で「缶ビールなどの売り上げが堅調」(ドラッグストア、中堅企業)、「3月に緊急事態宣言が解除されたことで客足が戻りつつあるが、足元の感染拡大で4月は当初見通しより厳しくなる見込み」(宿泊業、中堅企業)との声が上がったという。

設備投資は「減少見込み」で、公共事業は「前年を上回っている」とした。一方、先行きについては「各種政策の効果や海外経済の改善もあり、持ち直しが期待される」とした上で「感染拡大が県内経済に与える影響に十分注意する必要がある」と記した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1915件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World