メニューを閉じる
2022年6月27日(月)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

双日、バイオマス発電向けに植林 成長早い樹木を使用

環境エネ・素材
2022/5/27 12:30
保存
共有
印刷
その他

ハコヤナギは植えてから5年程度で伐採できるという

ハコヤナギは植えてから5年程度で伐採できるという

双日は26日、宮崎県など3県で植林事業を始めたと発表した。成長後に伐採した木をバイオマス発電用の燃料として利用する。スギなどに比べて短期間で成長するハコヤナギを植える。荒廃した農地などに植林することで、土地の有効活用につなげて地方創生も後押しする。

子会社の双日モリノミライを通じて、宮崎県と山口県、岡山県で植林を始めた。ハコヤナギは成長が早い「早生樹」で、植えてから伐採できるまでに5年ほどしかかからない。成長に数十年ほどかかるスギに比べ、バイオマス発電の燃料用の木材として向いているという。ハコヤナギを安定的に供給できる国産燃料にしていく。

まずは3県の耕作放棄地やゴルフ場の跡地などで植林する。山間部よりも伐採などの管理がしやすいことから、地方の産業育成にもつなげる。5月末には北海道の十勝地方でも試験的にハコヤナギを植林する。将来的には東京ドーム2100個分以上にあたる1万ヘクタールほどにまで植林の規模を拡大したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4994件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World