メニューを閉じる
2022年1月29日(土)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

サントリーHD、国内酒類5社を統合 22年7月に

サービス・食品
2021/12/1 16:02 (2021/12/1 21:48更新)
保存
共有
印刷
その他

サントリーホールディングス(HD)は1日、国内に5つある酒類会社を2022年7月に統合すると発表した。統合会社を「サントリー」とし、ビールやワインなどの事業を中心とした4つのカンパニー制で運営する。消費者の酒類への嗜好が多様化する中で、意思決定を迅速化する。

統合するのはサントリーBWS、サントリービール、サントリースピリッツ、サントリーワインインターナショナル、サントリー酒類の5社。サントリースピリッツが4社を合併した上で社名をサントリーに変更する。統合する5社はサントリーHD全体の売上高のうち2~3割を占めるとみられる。

サントリーHDは17年に国内の酒類事業の戦略立案を担当するサントリーBWSを設立し、その下にビールやワインなどの酒類事業会社がぶら下がっていた。今回の統合で「事業会社間の垣根がなくなり、酒類全体の消費を見たうえでの意思決定ができる」(サントリーHD)という。

足元では新型コロナウイルス禍で自宅でお酒を飲む需要が高まり、経営環境が変化している。糖質オフなどの健康に配慮した商品も人気となり、グループでノウハウを横展開する必要性も高まっている。ビールやワイン、チューハイなど異なるお酒を一緒に購入する消費者も増えているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4236件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World