メニューを閉じる
2021年10月17日(日)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

巣ごもり好調の「業務スーパー」「西松屋」、次の一手は
小売業の奮闘 まとめ読み

新型コロナ
兵庫
関西
サービス・食品
小売り・外食
トレンド
2021/9/26 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり」で衣料品や化粧品の販売が苦戦するなか、食品と子供服は底堅い需要が続いています。中でも、手ごろな値段のプライベートブランド(PB)の商品を強みに客足を伸ばしているのが、神戸物産が展開する「業務スーパー」と西松屋チェーンの「西松屋」です。商品・店舗運営の強みと今後を見据えた次の一手を過去の記事から振り返ります。

業務スーパー、強さの要因は「食の製造小売り」

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4375件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World