メニューを閉じる
2021年6月25日(金)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

農産物商社オラム、米香辛料会社を買収 1030億円で

北米
東南アジア
2021/4/29 14:03
保存
共有
印刷
その他

オラム・インターナショナルは買収によって、コロナ下でも需要が増える香辛料ビジネスを強化する=会社提供

オラム・インターナショナルは買収によって、コロナ下でも需要が増える香辛料ビジネスを強化する=会社提供

【シンガポール=中野貴司】シンガポールの農産物商社オラム・インターナショナルは29日、米国の香辛料製造・販売会社オールド・トンプソンを9億5000万ドル(約1030億円)で買収すると発表した。香辛料の調達・販売はオラムの主要業務の1つで、買収を通じて米国の小売市場でのシェアを高める狙いだ。

オラムの原材料部門を通じて、6月末までにオールド・トンプソンの全株式を取得する。オールド・トンプソンは食塩やこしょう、トウガラシなど多様な香辛料を米国で製造・販売しており、プライベートブランド(PB)として高い知名度とシェアを持つ。2020年のEBITDA(利払い・税・償却前利益)は約8千万ドルと安定した収益を稼いでいる。

オラムの香辛料部門幹部のグレッグ・エステップ氏は29日、「オラムの世界的な香辛料の調達網とオールド・トンプソンのPBのノウハウは完璧な補完関係にある」と強調した。今後、オールド・トンプソンへの香辛料の原料の供給を増やすなどして、相乗効果を高める。

オラムによると、米国の香辛料市場は新型コロナウイルスの感染拡大前に年5%程度の成長を続け、コロナ下でも家庭での調理機会の増加で堅調な需要を維持している。

オラムは今回の買収の主体となる原材料部門を別会社化し、2022年にも上場させる計画だ。買収によって収益を拡大し、上場時の市場での評価を高めたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4275件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World