メニューを閉じる
2022年1月17日(月)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マルチ・スズキと豊通、インドで車リサイクル施設開設

環境エネ・素材
自動車・機械
南西ア・オセアニア
2021/11/23 20:46
保存
共有
印刷
その他

マルチ・スズキと豊田通商が出資する企業が施設を運営する(23日、ニューデリー近郊)

マルチ・スズキと豊田通商が出資する企業が施設を運営する(23日、ニューデリー近郊)

【ニューデリー=花田亮輔】インド乗用車最大手のマルチ・スズキは23日、豊田通商と共同で設けた車両の解体・リサイクル施設が稼働を始めたと発表した。首都ニューデリー近郊に設置され、年間2万4000台の処理能力を備えている。インド政府が老朽化した車両の買い替えを促す「廃車政策」の導入を予定するなか、マルチ・スズキの販売網なども生かして中古車を仕入れ、素材の再利用につなげる。

マルチ・スズキと豊通側が50%ずつ出資して2019年に設立した合弁会社が運営を担う。当初は20年度中の開設を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。同日に開かれた開所式で、マルチ・スズキの鮎川堅一社長は「これは始まりにすぎない」と述べ、インド国内の他地域にも展開していく考えを示した。

インド政府は大気汚染対策や需要喚起の観点から、環境性能などで一定の基準を下回る老朽化車両の廃棄・買い替えを促す「廃車政策」を22年から段階的に実施していく方針を掲げている。開所式に招かれたガドカリ道路交通・高速道路相も「国内(各地)に同様の廃車・リサイクル施設のエコシステム(生態系)を構築してほしい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4216件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World