メニューを閉じる
2022年12月3日(土)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道石狩市、丸紅などとAIデマンド交通実験

北海道
ネット・IT
サービス・食品
2022/10/3 18:21
保存
共有
印刷
その他

AIデマンド交通ではアプリ内で支払いも完結できる

AIデマンド交通ではアプリ内で支払いも完結できる

北海道石狩市は3日、丸紅北海道中央バスなどと人工知能(AI)を活用したオンデマンド交通の実証実験を始めた。札幌市内の2駅と石狩湾新港地域を結ぶルートと、石狩市内を周遊する2コースを用意した。期間は2023年3月までで、同4月以降に実用化する。無料期間を設けた後、有料化する。

札幌市内の市営地下鉄麻生駅やJR手稲駅と、石狩湾新港地域の「新港西」や「新港南」をつなぐ区間は、北海道中央バスの大型バス2台で運行する。料金は400~800円。1日に往復150人程度の利用を見込む。バスは新港西や新港南に点在する食品加工工場や物流拠点に停車する。

石狩市内を巡回するルートは11月に始める。イオンスーパーセンター石狩緑苑台店などが発着点になる。地元タクシー会社が運営するジャンボタクシー2台を使う。料金は一般が300円で、小学生以下は半額にする。

利用者は石狩市独自配車アプリ「いつモ」で事前予約し、料金はアプリ上でクレジットカード払いする。高齢者向けにコールセンターも用意する。実験で料金やルートを見極め、23年度以降の本格導入に備える。

アプリは丸紅と22年1月に業務提携したイスラエル企業、ムーヴィット・アップ・グローバルが開発した。同社は米インテル傘下で世界110カ国以上、約3500都市で展開する。

今回の実証実験ではムーヴィットのシステムを日本で初採用する。同社モビリティ事業課の朝倉謙課長補佐は「25年には複数カ所の交通課題を抱える地域で稼働したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4601件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World