メニューを閉じる
2020年7月8日(水)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

桐谷さんが選ぶ 家で楽しめる「巣ごもり優待」

日経マネー連載
株主優待
日経マネー
増やす
2020/5/21 2:00
保存
共有
印刷
その他

写真はイメージ=PIXTA

写真はイメージ=PIXTA

どうも、桐谷です。新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす時間が長くなっています。そして、まもなく迎える梅雨の季節。そんな時でも活躍する、家で楽しめる「巣ごもり優待」が今回のテーマです。

真っ先に思い浮かべたのはハピネット(7552)や出前館(2484)ですが、他がなかなか悩ましくランキングが難しいので、コード順で紹介します。

■出前から飲み物、番組無料視聴まで

出前館の優待はサービスを利用する際に使えるTポイント。加盟する店舗の出前をポイントで頼めるので、いろんな料理から選べます。優待の食事券は外出しなくては使えませんが、これなら家にいても大丈夫です。

WOWOW(4839)の優待は視聴料3カ月無料かQUOカード。長期保有していれば無料視聴が4カ月になります。1カ月の視聴料が2530円(税込み)なので無料視聴を選べば長期保有で総合利回りは6%超。部屋にいながら楽しめていいですね。

アビスト(6087)は水素水をもらえる優待。2017年高値5850円から株価は大きく下げました。そのため総合利回りも10%超。私は株価が下がって利回りがアップした銘柄が好きなので、ここを選びました。

本多通信工業(6826)は500株で安曇野のりんごジュースが3本。優待族の間でもおいしいと評判です。株価が下がり配当だけでも5%。長期保有していれば100株でもQUOカードがもらえる複合優待です。ジュースを飲みながら長く持っていればQUOカードももらえるということで選びました。

優待品を持つ桐谷さん。向かって左はタカラトミーのミニカーとフランスベッドHDの知恵の輪

優待品を持つ桐谷さん。向かって左はタカラトミーのミニカーとフランスベッドHDの知恵の輪

■新作DVDが魅力の優待

真っ先に思い浮かべたハピネット。カタログで無線操縦カーを選べる優待として有名ですが、映画などのDVDやブルーレイを選ぶこともできます。対象作品は話題の新作映画などが入っていて充実。私がテレビ番組で推薦した映画「女神の見えざる手」や「きっと、うまくいく」もこちらの優待でもらったものでした。

フランスベッドホールディングス(7840)は自社グループ製品から選べる優待。ここは株式併合などもあり、優待制度が何回か変わりました。今は200株以上保有が条件です。優待品は寝具や健康器具など色々あるのですが、その中に知恵の輪があります。手指を動かすことは認知症予防に良さそうだということで入っているのでしょうか。幼い頃、父が知恵の輪をたくさん買ってくれたことを思い出して、私は4種類ある知恵の輪セットから3種類をもらいました。家にいながら家族で楽しめるし、頭の体操にもなります。

タカラトミー(7867)の優待は株主限定モデルのミニカーなど。マニアには人気だそうで、趣味が合う人なら楽しめますね。

Genky Drug Stores(9267)はサプリメントやオリジナルの化粧品、カタログギフトなどから選ぶ優待。カタログだと3000円相当ですが、サプリや化粧品は6000円相当で総合利回りは約6%と高くなります。でもカタログなら映画などのDVDが選べます、しかも2枚も。紙のカタログ優待は年1回という場合が多いのですが、こちらは年2回。それも評価して入れました。

KADOKAWA(9468)の優待品は本。冊子に載った本から好きなものを選べば、自宅まで届けてくれます。

学研ホールディングス(9470)は、4月に株式を4分割しましたが100株優待は継続。少ない投資金額で優待をもらえるようになりました。実験キットや本などが選べます。

注:データは5月7日時点。利回りは優待を取得できる最低単元で計算。同じ優待が年2回の場合は1回分を掲載。記載以外の優待がある場合は「~」と表記

注:データは5月7日時点。利回りは優待を取得できる最低単元で計算。同じ優待が年2回の場合は1回分を掲載。記載以外の優待がある場合は「~」と表記

■はみだしコラム「私の巣ごもり生活」
新型コロナウイルス感染拡大の初期までは、へっちゃらだと思って外出していましたね。ところが近隣の病院で集団感染が発生。それから怖くなって籠城生活を始めました。ですが家にいてもやることはたくさんあります。飲食や小売店舗で使える優待券の有効期限延長が相次ぎましたので、その情報を集めたり、ネットで適時開示情報を確認したり。
期限が延長されるのはうれしい半面、延期された優待と、新規で届く優待の期限が重なる時期が生じることになります。このため優待で使える券面額が増え、外出自粛が解けたら「たくさんもらった優待を使うぞ」と人が繰り出して、またウイルスが流行してしまわないかと心配になります。早い収束と、経済の回復を願っています。

桐谷広人(きりたに・ひろと)
70歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋をきっかけに株式投資を始める。現在900以上の優待銘柄を保有し、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒される人柄も人気の理由

(佐藤由紀子)

[日経マネー2020年7月号の記事を再構成]

日経マネー 2020年7月号 アフターコロナの勝ち組日本株

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP
価格 : 750円 (税込み)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1017件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

消費は大丈夫か [映像あり]

日本経済新聞 鈴木亮編集委員

2020年7月8日

小泉環境相、「チャレンジゼロ」の経団連と意見交換 [映像あり]

NY金約9年ぶり高値 感染拡大を懸念

2020年7月8日