メニューを閉じる
2020年1月25日(土)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「CPU不足、順次改善へ」 インテル日本法人社長が見通し

2019/12/11 17:47
保存
共有
印刷
その他

米半導体大手インテルの日本法人は11日、直近の取り組みや今後の展望についての説明会を都内で開いた。インテルは11月、2018年後半から起きているCPU(中央演算処理装置)の供給不足がしばらく続く見込みと顧客に伝えている。日本法人の鈴木国正社長は「ご心配をかけている」とした上で、「順調に生産能力は拡大している。順次改善していく」との見通しを示した。

直近の取り組みについて説明するインテル日本法人の鈴木国正社長(11日、東京都千代田区)

CPUの不足はパソコン向けが中心で、「ウィンドウズ7」のサポート終了に伴う買い替え需要や、インテルがサーバー向けCPUの生産を優先していることが背景にあるとみられている。

直近の取り組みについては、CPUや他の半導体を1つのプログラミングモデルで扱う「oneAPI」を紹介した。インテルは近年、ASIC(特定用途向け半導体)やFPGA(回路を自由に書き換えられる半導体)といったCPU以外の製品群を広げてきた。これらは専業メーカーも強い分野だが、モデルの統一で開発者の負担を削減できるメリットを訴求する。

(龍元秀明)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1073件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World