メニューを閉じる
2019年11月22日(金)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

伊藤忠、セルビアの廃棄物発電着工 2022年フル稼働へ

2019/10/2 16:59
保存
共有
印刷
その他

伊藤忠商事は2日、東欧のセルビアで一般家庭から出る廃棄物を処理し、排熱やガスで発電する施設の建設に着手すると発表した。最終処分場も含めた総建設費は約400億円。2022年のフル稼働時には一般家庭3万世帯分(発電出力3万キロワット)の電力をまかなう。官民パートナーシップ(PPP)方式で25年間運営し、売電などで計2000億円の事業収入を見込む。

伊藤忠商事が手掛ける廃棄物発電施設の建設予定地(セルビア)

建設地は首都ベオグラードで、旧型のゴミ処分場を閉鎖し、先端技術を導入した新たな処分場を建設する。伊藤忠が40%、環境事業大手の仏スエズ・エンバイロメントが40%、欧州連合(EU)政府主導のマルガリータファンドが20%をそれぞれ出資する会社が運営主体となる。

伊藤忠によると、セルビアでの廃棄物発電は初めて。ベオグラード市内の家庭などから排出された一般ゴミを回収し、焼却時の排熱や発生するメタンガスを利用して発電する。埋め立てる廃棄物を削減でき、25年間で約300万トンの二酸化炭素(CO2)が削減できるという。

伊藤忠が欧州で廃棄物発電施設を手掛けるのは英国の4カ所に続き、セルビアが5カ所目。セルビアはEU加盟をめざしており、加盟に必要な基準を満たすため環境対策に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1084件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月22日(金)14:19

改正外為法が成立 重要企業への出資規制[映像あり]

公的年金 「マクロスライド」 20年度発動の見通し

11月22日(金)13:04