メニューを閉じる
2020年4月9日(木)

建材・電気機械・金属卸

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

19年12月の第3次産業活動指数0.2%低下 基調判断は据え置き

2020/2/14 13:50
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が14日発表した2019年12月の第3次産業活動指数(2010年=100、季節調整済み)は前月比0.2%低下の105.3だった。低下は2カ月ぶり。運輸業・郵便業などの低下が指数を押し下げた。11業種中、6業種が低下、5業種が上昇した。経産省は、基調判断を「足踏みがみられる」に据え置いた。

最も指数を押し下げた運輸業・郵便業(2.0%低下)では、郵便業で普通郵便物が低調だった。元旦配達の年賀郵便物が減少傾向にあることも響いた。鉄鋼製品や石油製品の取引が減少したことを受け卸売業(1.2%低下)も振るわなかった。

一方、最も指数を押し上げたのは生活娯楽関連サービス(1.5%上昇)だった。国内旅行が好調で宿泊業が上昇したほか、写真業、葬儀業も上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1054件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World