メニューを閉じる
2020年12月5日(土)

建設・土木

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ライカシャトル、手書き帳簿をそのままデジタル化

愛知
中部
ネット・IT
2020/10/27 19:30
保存
共有
印刷
その他

コンサルティング会社のライカシャトル(名古屋市)は11月、手書きの帳簿を同じ書式のままデジタルデータに移行できるクラウドサービス「ラピルスDX」を発売する。ビルメンテナンスや建設、食品製造など幅広い分野での採用を目指す。

ラピルスDXは手書き文字をデータ化できる

同サービスは、これまで使用していた紙の書式を読み取り、スタイルを変えることなく帳簿をデジタル化できる。タイピングに慣れない人のため、手書き入力を自動変換する機能も備えた。

宗像良社長は「手書きの書類を社内で再度タイピングしてデータ化していた作業を減らせる」と話す。利用料は税別で初期コストが5万円、月額が1アカウント9800円。1年で1億5000万円の売り上げを目指す。ライカシャトルは2017年設立。20年9月期の売上高は約5千万円。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

5057件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World