メニューを閉じる
2020年12月5日(土)

建設・土木

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ボーイング減産、各社が人員対応 川崎重工 建機・鉄道に配転、新明和 派遣中心に削減

2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

航空部品各社が航空機需要の低迷に合わせ、要員の配置転換や削減に乗り出す。川崎重工業は2020年度以降に関連要員50人を他部門に転換。新明和工業は21年度までに派遣社員などで100人以上を削減する。三菱重工業も一部の従業員を外部へ出向させる。各社は主な納入先である米ボーイングの生産調整が長引くとみて、対応を急ぐ。

川崎重工はボーイングの中型機「787」の胴体部品を3割減産する。同部品を生産する名古…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

5057件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World