メニューを閉じる
2022年12月2日(金)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キリンHD、インドネシアでハラルの「プラズマ乳酸菌」

サービス・食品
2022/10/5 17:51
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス(HD)は5日、独自素材の「プラズマ乳酸菌」の菌体を2023年にインドネシアで販売すると発表した。イスラム教の戒律に沿っていることを示す「ハラル認証」を年内に取得する。東南アジアでの菌体販売は初めて。

同日に開いたプラズマ乳酸菌関連発表会で明らかにした。インドネシアに続き、今後はタイやシンガポール、ベトナム、マレーシアでも菌体を販売する。これら5カ国で27年に計10億円の売り上げを目指す。

キリンHDは健康関連事業を成長の柱に据えている。プラズマ乳酸菌を使った事業では27年に500億円の売上収益を目指しており、うち菌体販売で35億円を見込む。

販路の拡大に向けたM&A(合併・買収)や、追加の設備投資も検討する。すでに菌体の製造設備の増設に着手しており、菌体の年間製造能力は23年に前年比で倍増する予定だ。南方健志常務執行役員はM&Aについて「販路拡大やマーケティングで協力できる企業や、BtoBで素材の製造販売に強みのある企業を模索している」と話した。

今回の発表会では、キリンHDのプラズマ乳酸菌を利用した他社の関連商品も紹介した。大正製薬がプラズマ乳酸菌を配合したのどあめを、常盤薬品工業が青汁を販売することが新たに発表された。プラズマ乳酸菌関連商品は全38品になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2230件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World