メニューを閉じる
2022年8月10日(水)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

秋田銘醸、自社田栽培の酒米で純米酒の新商品

サービス・食品
秋田
東北
2022/7/4 19:03
保存
共有
印刷
その他

酒造会社の秋田銘醸(秋田県湯沢市)は7日、自社の田んぼで栽培した酒米を原料に仕込んだ純米酒の新商品を発売する。社員が育苗から田植え、稲刈り、もみすりまで自前で手掛けた酒米を使った。湯沢の風土もアピールして地域活性化を目指す。

秋田銘醸が発売する新商品「萌稲」

秋田銘醸が発売する新商品「萌稲」

新商品の名称は「萌稲(もね)」。自社田栽培の試みに「萌えいづる稲の芽」の初々しいイメージを重ねたという。酒米は百田(ひゃくでん)と一穂積(いちほづみ)の県産酒造好適米を使い、2種類の純米酒を仕込んだ。ともに内容量720ミリリットルが1210円で、300ミリリットルは550円。

秋田銘醸は「美酒爛漫(らんまん)」の銘柄で知られる。湯沢市の認定農業者になり、県農地中間管理機構を通じて約8.2ヘクタールの農地を借りた。2021年度に酒米の生産を始め、新商品はその酒米で仕込んだ第1弾になる。

秋田銘醸の酒米づくりは今年、2年目を迎えた(5月16日、秋田県湯沢市)

秋田銘醸の酒米づくりは今年、2年目を迎えた(5月16日、秋田県湯沢市)

東北6県には約230の日本酒の酒蔵がある。一ノ蔵(宮城県大崎市)や新政酒造(秋田市)など一部の酒造会社が自前で酒米を生産している。だが費用対効果を考え、ほとんどの酒造会社が酒米を購入している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2303件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World