メニューを閉じる
2020年11月1日(日)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トランプ氏、対キューバ制裁強化 葉巻やラム酒禁輸

2020/9/24 2:56
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=宮本英威】トランプ米大統領は23日、対キューバ制裁の強化を発表した。米国人の訪問者がキューバ政府の関わるホテルに宿泊するのを禁じ、葉巻やラム酒の輸入も認めない。11月の米大統領選に向けて、キューバの共産党政権に反発する中南米系(ヒスパニック)の支持固めにつなげる狙いがある。

「ピッグス湾事件」を記念する式典に参加したトランプ氏(23日、ホワイトハウス)=ロイター

トランプ氏は今回の施策を通じ「米ドルがキューバ政府の資金源にならない」と述べた。1961年に米国がキューバの共産党政権の転覆を狙った「ピッグス湾事件」を記念する式典に参加して述べた。

オバマ前政権は2016年10月に葉巻やラム酒の持ち帰りを認めていた。トランプ政権は17年1月の発足後、対キューバ政策を厳格化してきた。この日の財務省の発表では、キューバでの商談や公演、競技会などへの米国人の参加も禁止する。

共産主義のキューバでは主要ホテルの大半が国営だ。欧州のホテル大手が運営を手がけている場合でも、施設はキューバ政府が所有している。今後は米国人の訪問者は民泊施設に宿泊することになるとみられる。

今年1~5月の米国からキューバへの訪問者数は5万528人と、前年同期比で85%減少した。19年通年では18年比22%減の49万8067人だった。

11月の大統領選では、中南米系が多いフロリダ州などで接戦になっている。野党・民主党候補のバイデン氏は、キューバと国交を回復したオバマ政権下で副大統領を務めていた。トランプ氏は、対キューバ制裁強化により、中南米系の支持獲得で優位に立つことを狙っている。

トランプ氏は「オバマ氏とバイデン氏は一方的な取引で、キューバの共産党政権を豊かにした」と批判した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2201件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World